F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

日産GT-R NISMO、“こだわり”のレゴ化! 最高速は“あなた”次第?

シェア
コメント
スライダー
リスト

レゴブロック、日産GT-Rニスモ

レゴブロック、日産GT-Rニスモ
1/4

レゴブロック、日産GT-Rニスモ

レゴブロック、日産GT-Rニスモ
2/4

レゴブロック、日産GT-Rニスモ

レゴブロック、日産GT-Rニスモ
3/4

レゴブロック、日産GT-Rニスモ

レゴブロック、日産GT-Rニスモ
4/4
2019/11/25 10:18

レゴジャパン株式会社は、レゴ史上初となる日本車とのコラボレーション商品である「日産 GT-R ニスモ 76896」を発表。2020年1月より世界同時発売することを明らかにした。

 レゴジャパン株式会社は、レゴ史上初となる日本車とのコラボレーション商品、レゴ スピードチャンピオンシリーズ「日産 GT-R ニスモ 76896」を日産グローバル本社ギャラリーにて発表された。

 日本人にとっても馴染み深いブロック玩具の代表格であるレゴ。そのラインアップは多岐にわたり、マクラーレン・セナやフェラーリF40などのスポーツカーも商品化されている。

 今回、レゴは日産とコラボレーションし、「NISSAN GT-R NISMO」2020年モデルをレゴブロックで再現。2020年1月にレゴ スピードチャンピオンシリーズのひとつとして世界同時発売されることになった。

 なんと言ってもその特徴は「NISSAN GT-R」を実車よりも遥かに小さなスケールで再現していることに尽きるだろう。デザインを手がけたレゴ・グループのクリス・スタンプは本格的で複雑な細かいディテールを再現することは大きなチャレンジであったと話している。

 この“新車”発表にあたり、実車との比較表も用意。その内容は遊び心が溢れており、実にユニークだ。

 日産でGT-Rの統括責任者を務める田村宏志氏は、GT-Rのレゴ化にあたって、その細部の再現へのこだわりが、自身の職人気質を思い起こさせたと話した。

「GT-Rは、10歳の頃から私の人生の一部でした。レゴグループと一緒に仕事をすることは、幼かった当時の自分を目覚めさせ、GT-Rが私にとって本当に特別なものである、ということを再発見させてくれました。 レゴグループの細部へのこだわりは、私自身の職人気質を思い起こさせてくれる感動でありました」

 また日産の星野朝子副社長は、今回の発表に際し次のようにコメント。レゴの初の日本車として選ばれたことを喜んだ。

「世界中のたくさんのファンから愛されているレゴの新商品に、『NISSAN GT-R NISMO』が初の日本車として選ばれたことを、大変嬉しく思います。日産車にお乗りの多くのお客さまは、この『GT-Rレゴ』によって、子供の頃のレゴ車への情熱を思い出すでしょう」

「この商品を手にしたお客さま全てが、GT-Rを創り上げる“匠”、つまり『NISSAN GT-R』を組み立てる達人になることが出来るのです。今年、GT-Rは、レゴスピードチャンピオンと同じく、生誕50年を迎えました。今回のレゴとのコラボレーションが、この記念すべき年に実現し、世界中のファンと共に祝福できることを、とても幸せに思います」

NISSAN GT-R NISMO & レゴ 日産 GT-Rニスモ 比較表

  NISSAN GT-R NISMO  レゴ 日産 GT-R ニスモ
開発期間  10数年  約12ヵ月
パーツ  9万個以上  298
組立時間  約8時間(匠によるエンジン組み立て時間を除く)  レゴブロックで遊ぶエキスパートで あれば約20分 そうでない方は1時間
トップスピード  時速315km以上  手の力加減次第
ギア  6速ダブルクラッチ  前と後ろに進むどちらか
重量

 1720kg

 193g
組み立て説明書  含まれていない  同梱

燃料

 プレミアムガソリン  創造力
航続可能距離  550km以上  無限
楽しい時間  エンドレス  エンドレス

 

次の記事
フォルクスワーゲン、”内燃機関”へのファクトリー体制を終了。電気自動車注力

前の記事

フォルクスワーゲン、”内燃機関”へのファクトリー体制を終了。電気自動車注力

次の記事

“佐藤琢磨体制”となった2019年度のSRS-F、岩佐歩夢がスカラシップを獲得

“佐藤琢磨体制”となった2019年度のSRS-F、岩佐歩夢がスカラシップを獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General