トヨタWRCとインディカーが夢の競演。『モースポフェス』で鈴鹿初走行

シェア
コメント
トヨタWRCとインディカーが夢の競演。『モースポフェス』で鈴鹿初走行
2018/12/07 6:07

3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキットで開催されるモースポフェス2019で、トヨタのWRCマシンとホンダがエンジンを供給するインディカーの走行が決定した。

 トヨタとホンダ、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの3社共催で開催されるイベント『モースポフェス2019〜モータースポーツファン感謝デー〜』で、TOYOTA GAZOO RacingのWRCカーとホンダがエンジンを供給するインディカーが夢の競演を果たすことになった。

 モースポフェスは、メーカーの垣根を超えて様々なモータースポーツの魅力を伝えるとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育むイベントとして来年からスタートするイベントだ。

 このイベントで、トヨタとホンダが世界で戦うマシンの豪華競演が決定した。トヨタからは、2018年のWRCマニュファクチャラーズチャンピオンに輝いたTOYOTA GAZOO RacingのヤリスWRCが参加。さらにホンダがエンジンを供給し、佐藤琢磨のドライブでインディ500を制した、2017年のアンドレッティ・オートスポート「DW12」が走行する。

 どちらも世界で活躍するマシンだが、鈴鹿サーキットは初走行。走行日時や場所、ドライバーの詳細はまだ発表されていないが、モータースポーツファン必見のイベントとなりそうだ。

 日本モータースポーツ史上最大のキックオフイベントとなることが目指されているモースポフェス2019は、公式ウェブサイト(https://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/)に掲載の招待券持参で入場は無料となる。

TGRFでWECマシンと競演したヤリスWRC

TGRFでWECマシンと競演したヤリスWRC

Photo by: Tomohiro Yoshita

次の記事
ポルシェ、日本でのGT4レースとEレーシングシリーズを立ち上げへ

前の記事

ポルシェ、日本でのGT4レースとEレーシングシリーズを立ち上げへ

次の記事

トヨタが特別賞。日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定、ボルボ2年連続受賞

トヨタが特別賞。日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定、ボルボ2年連続受賞
Load comments

この記事について

シリーズ IndyCar , General , WRC