【ROC】ウェーレインの国別対抗戦欠場理由は”ドクターストップ”

ドイツチームの一員としてレース・オブ・チャンピオンズの国別対抗戦に出場予定だったウェーレインには、ドクターストップがかかっていた。

 昨日マイアミで行われたレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)の国別対抗戦であるネイションズカップ。このイベントにドイツチームの一員として参加する予定だったザウバーのパスカル・ウェーレインは、急遽出走を取りやめる判断を下していた。

 ウェーレインは現地時間の土曜日に行われたROCの個人戦で、フェリペ・マッサとの対決に挑んだ際にクラッシュ。マシンを激しく転倒させ、テックプロバリアとコース脇のウォールにクラッシュした。このため、医師から予防の措置として、出走を取り止めるアドバイスがあったという。

「ROCのネイションズカップから撤退することになり、とても残念だ」

 そうウェーレインは語った。

「僕は心からレースをしたいと思うし、気分もいい。しかし、ドクターが休むようにアドバイスをくれた。だから、僕はそのアドバイスに従ったんだ」

「ほんのすこし不快な感じがするだけだ。でも、僕が優先しなければいけないのは、F1のシーズンのことだ」

「レースができなくなって残念だが、僕はチームメイトのセバスチャン・ベッテルを心から応援する。そして、他のライバルたちのことも。エキサイティングなレースになることを祈ってるよ」

 そのウェーレインの応援が通じたのか、ひとりでドイツチームを背負うことになったセバスチャン・ベッテルは快進撃を見せ、8戦全勝で見事ドイツチームを優勝に導いた。

【関連ニュース】

【ROC】ベッテル8連勝。ネイションズカップでドイツチーム優勝

【動画】レース・オブ・チャンピオンズのハイライト

【動画】ウェーレイン、レース・オブ・チャンピオンズで大クラッシュ

【ROC】大クラッシュのウェーレイン「マッサのマシンを見すぎた」

【ROC】モントーヤがレース・オブ・チャンピオンズ個人戦優勝

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
イベント名 Race of Champions
ドライバー パスカル ウェーレイン
記事タイプ 速報ニュース