【ROC】カイル・ブッシュ「様々なマシンでレースができる素晴らしい機会」

motorsport.comのデレク・Dが、レース・オブ・チャンピオンズの個人戦でバトンに負けた直後のカイル・ブッシュにインタビューを行った。

 2017年1月21-22日にマイアミで開催されたレース・オブ・チャンピオンズに、2015年のNASCARチャンピオン、カイル・ブッシュが出場した。

Kyle Busch and Jenson Button
カイル・ブッシュとジェンソン・バトン

Photo by: Alexander Trienitz

  初日の個人戦に出場したブッシュは、F1ドライバーのジェンソン・バトンには僅差で敗れたものの、インディカーのトニー・カナーンとエリオ・カストロネベスには勝利し、グループ2位で準々決勝に進んだ。

 準々決勝の相手はデビッド・クルサード。ブッシュは彼を相手に連敗を喫し、ここで個人戦敗退となった。

 2日目の団体戦では、兄であるカート・ブッシュと”チームNASCAR”を結成したが、準決勝でライアン・ハンターレイとアレキサンダー・ロッシが組んだ”チームUSAインディカー”に敗れている。

 motorsport.comのデレク・Dは、個人戦でバトンに敗れた直後のブッシュにインタビューを行なった。

ーーあなたの兄弟(カート・ブッシュ)や世界選手権に出ているドライバーが多くレースに出ています。誰とレースをするのがお気に入りですか? 今はどんな気持ちですか?

「今のところ、(お気に入りのドライバーの)ランキングは決まっていないよ。僕は2レースに勝って、Vuhl05で走ったジェンソン・バトンとのレースには負けた。ROCバギーに乗ったレースでは勝ったし、スリングショット(ポラリス社の3輪車)でも勝った。こんなにいろんなマシンでレースをするなんて、素晴らしいよね。それに、次のレースで乗るマシンは直前まで知らされないんだ」

ーーいろんなマシンの中で、どれが一番最も楽しかったですか?

「最も楽しかったのはROCバギーだったと思う。コーナーでは本当に投げ出されるかと思って少し混乱したよ! すごくパワーがあるし、全く飽きなかった。ドライブするのがとてもクールなマシンだったよ」

ーーみんな、友好的にレースをしていますが、優勝を狙っていますか?

「そうだな、このイベントではコース上にいない時は、他のドライバーと友情を育んでるけど、コース上にいる時はそんなこと関係ないよ!」

【関連ニュース】

【ROC】国別対抗戦で優勝のベッテル「モントーヤと戦えて嬉しい」

【ROC】個人戦優勝のモントーヤ「プレッシャーなく楽しめた」

モントーヤがレース・オブ・チャンピオンズ個人戦優勝

【動画】パスカル・ウェーレイン、ROCでクラッシュ

ROC個人戦グループ分けが確定! 2017年も注目の対戦が目白押し

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
イベント名 Race of Champions
記事タイプ 速報ニュース