【RoC】「TV放映のため」レース中は球場の屋根を閉扉する事が決定

レース・オブ・チャンピオンズ2017の開催地であるマーリンズパーク・スタジアムは、レース直前に屋根が閉められることが決まった。

 2017年1月21〜22日に開催されるレース・オブ・チャンピオンズは、1988年の開催以来初めてアメリカのマイアミ州にあるマーリンズパーク・スタジアムで開催される。マーリンズパークは、イチローも所属する米国メジャーリーグ球団、マイアミ・マーリンズの本拠地として知られている。

 当日の天気予報は現在のところ晴れのようだが、レース・オブ・チャンピオンズの主催者であるフレデリック・ジョンソンは、イベント開催時はマーリンズパーク・スタジアムの屋根を閉めることを明らかにした。

「通常であれば雨が降ろうが関係なくレースは開催される。むしろ路面が滑りやすくなって、より刺激的なレースになるだろう」

「レース・オブ・チャンピオンズ開催当日もいつもの南フロリダのような素晴らしい天候に恵まれることを我々は願っている。それにオープニングとして催されるショーの間は屋根を開けたままにする予定だ」

「そこからレッドブル・エアチームのジャンパーがパラシュートで登場するというパフォーマンスを予定している。そしてレース直前には屋根を閉じるだろう」

「太陽の日差しによる影の対策をするためだ。レース・オブ・チャンピオンズはテレビやインターネットなどのデバイスで放映される予定だが、その映像の中に太陽の日差しによる影が入ってしまっては見栄えが悪いだろう。それに当日来場する観客たちにとっても日避けになるから、快適にレースを楽しむことができるはずだ」

RoC設営は順調

 月曜日、マーリンズパーク・スタジアムにアスファルトが敷かれ、レース・オブ・チャンピオンズ開催に向けたトラックの設営は着々と進行中だ。

「現代のスタジアムを最先端を行くモーターレーシング用のトラックに改変することは簡単なことではない。しかし、我々は開催のために何年も前から尽力している」とジョンソンは語った。

「スタジアムを我々が望むような形にするのに1週間ほどかかる見込みだが、レース・オブ・チャンピオンズの設備を撤去し、普段通り野球ができるセッティングに戻すのには2日間で済む」

「マイアミはレース・オブ・チャンピオンズを開催するのに最も適した場所だ。なぜならラテンアメリカの首都であり、マイアミはレースに対する情熱で溢れている」

「レース・オブ・チャンピオンズはF1、NASCAR、インディカー、ル・マンなどモータースポーツカテゴリーの頂点に立つために、彼らは一挙に集結し、同じスペックのマシンで誰が最も速いのか争い合う。そこでは純粋なドライバーの能力だけが試されるのだ」

【関連ニュース】

アレクサンダー・ロッシ&スコット・スピード、マイアミのROCに参加決定

ジェンソン・バトン、レース・オブ・チャンピオンズ出場決定!

今季限りでF1引退のマッサ、レース・オブ・チャンピオンズに参戦。来年1月にマイアミで開催

レース・オブ・チャンピオンズ、来年1月にマイアミで開催決定。ベッテルも参加

motorsport.com、レース・オブ・チャンピオンズの公式パートナーに

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
イベント名 Race of Champions
記事タイプ 速報ニュース