SRS-Fスカラシップ選考会、11月16日に鈴鹿サーキットで開催

鈴鹿サーキットのレーシングスクールSRS-Fのスカラシップ選考会が、11月16日に行われることになった。

 鈴鹿サーキットは、11月16日(水)にSRS-Formula(鈴鹿サーキット・レーシングスクール-フォーミュラ)スカラシップ選考会を開催することを発表した。

 このSRS-Formulaは、将来を担う人材の育成を目的としたもので、現在もSRSの卒業生が国内外で活躍している。今年もSRS-Formulaアドバンスが2期に渡って行なわれ、これに参加したドライバーのうち成績が優秀だった4名が、最後のスカラシップ選考会に挑む。

 11月16日に行われるこのスカラシップ選考会は、練習走行、計測走行、第1ヒート、第2ヒートの4セッションによって行われる。この走行には、スカラシップ候補生の4名以外にFIA-F4参戦ドライバー(上村優太、石坂瑞基、阪口晴南、大滝拓也)や全日本F3参戦ドライバー(石川京侍、大津弘樹)も出走することになっている。

 スカラシップを獲得すると、ホンダの育成ドライバー「HFDP」の一員として、2017年シーズンのモータースポーツに参戦することになる。

 このスカラシップ選考会の駒を進めたのは、下記の4名だ。

名取鉄平(なとり てっぺい)
山梨県中臣摩郡出身 16歳
「SRS-Formulaチャレンジ」一期生
2016年全日本カートKFクラス:ランキング3位

角田裕毅(つのだ ゆうき)
神奈川県相模原市出身 16歳
2016年F1日本GPサポートレース「S-FJドリームカップ」:優勝
2016年全日本カートKFクラス:ランキング4位
2016年FIA-F4スポット参戦

大湯都史樹(おおゆ としき)
北海道札幌市出身 18歳
2016年FIA-F4/S-FJスポット参戦
2015年S-FJ岡山:シリーズチャンピオン

笹原右京(ささはら うきょう)
群馬県沼田市出身 20歳
2015年フォーミュラ・ルノー 2.0:NECシリーズ3位、ユーロシリーズ7位

【関連ニュース】

スタート前でも「緊張しない」右京の強み:笹原右京インタビュー②

「どんな手を使っても、F1にたどり着く」:笹原右京インタビュー①

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
記事タイプ 速報ニュース