F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

鈴鹿サーキット、国際レーシングコースの最終シケイン名称変更を発表。『日立Astemoシケイン』に

鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、鈴鹿サーキット国際レーシングコースの最終シケインの名称を、『日立Astemoシケイン』に変更することを発表した。

鈴鹿サーキット、国際レーシングコースの最終シケイン名称変更を発表。『日立Astemoシケイン』に

 3月30日、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、鈴鹿サーキット国際レーシングコースの最終シケインについて、ネーミングライツパートナーの社名変更に伴い、
『日立Astemoシケイン』に名称変更すると発表した。

 アイルトン・セナとアラン・プロストの意地がぶつかりあった1989年のF1日本GPなど、数多くの名勝負を生んできた鈴鹿サーキットの最終シケイン。かつてはこの場所にカシオの広告看板があったことから『カシオトライアングル』という名で愛されていたが、2014年3月から日立オートモティブシステムズがパートナー契約を結んで命名権を取得、名称も「日立オートモティブシステムズシケイン」となった。

 今回の名称変更は、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業が合併して2021年1月1日に『日立Astemo(アステモ)株式会社』が発足。ネーミングライツパートナーの社名が変更になったためだ。

 すでに同シケインのフェンスやバリアは、スーパーGTのGT500クラスに参戦する17号車Astemo NSX-GTと同じく、Astemoのブランドカラーである赤と黒に模様替えされている。新たな装いとなったこのコーナーで、これまでのようにまた名勝負が繰り広げられていくだろう。

Read Also:

シェア
コメント
TOYOTA GAZOO RacingとSUBARU、共同開発の新型車両を公開へ。4月5日にオンライントークセッションを合同開催

前の記事

TOYOTA GAZOO RacingとSUBARU、共同開発の新型車両を公開へ。4月5日にオンライントークセッションを合同開催

次の記事

TOYOTA GAZOO Racing&スバル、共同開発の『新型GR 86』『新型SUBARU BRZ』を初公開

TOYOTA GAZOO Racing&スバル、共同開発の『新型GR 86』『新型SUBARU BRZ』を初公開
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General