F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

”6輪F1”ティレルP34が鈴鹿を走行。サウンド・オブ・エンジンが開催

シェア
コメント
”6輪F1”ティレルP34が鈴鹿を走行。サウンド・オブ・エンジンが開催
執筆:
2019/11/16 12:01

鈴鹿サウンドオブエンジン開幕し、往年の名車ティレルP34をはじめ貴重なレジェンドマシンが鈴鹿サーキットを走行した。

 2019年の鈴鹿サウンドオフエンジンが初日を迎え、鈴鹿サーキットに懐かしの名レーシングカーが多数集結。ファンの前でそのエンジンサウンドと走りを披露した。

 鈴鹿サウンドオブエンジン初日の11月16日(土)は、「たいれる6輪」の愛称で知られるティレルP34をはじめ、往年のF1マシン、Group Cカー、1960年代の日本のモータースポーツ黎明期を駆け抜けたスポーツカー、MotoGPマシンなど100台以上が鈴鹿サーキットに集結し、デモランやデモレースを開催。ファンの前で懐かしの走り、懐かしのエンジンサウンドを披露した。

 中でも一番人気だったのはやはりティレルP34。1976年にデビューしたこのF1マシンは、空気抵抗を減らす目的でフロントタイヤに小径のモノを採用し、さらにグリップダウンを補うために2輪増やして6輪とした異色のマシン。当時日本ではスーパーカーブームの真っ只中で、同年富士スピードウェイでF1が日本初開催(F1グランプリ・イン・ジャパン)されたこともあり、今でも記憶に残るマシンとして有名だ。

 グリッドウォークでは人だかりでマシンが見えないほどの大人気。そしてティレルP34がコースインして走行を始めると大きな拍手が湧き上がるほどだった。

 ドライブを担当したのは、ミナルディの名手として活躍したピエル-ルイジ・マルティニ。ティレルP34の魅力に取り憑かれたマルティニは現在ティレルP34のコレクターとして有名で、複数のP34を所有。そのうちの1台を鈴鹿サーキットに持ち込み、自らのドライブでファンの前でその走りを披露した。

「飾るだけではかわいそう。F1マシンは走ってこそ意味がある」とマルティニ。それを日本のファンの前で実現した形だ。

 レジェンドF1マシンは、他にも1981年のアルファロメオ179Cや1981年のロータス88Bなど11台が参加。Group Cは6台、60年代レーシングカーは22台。他にもFL500やHistoric Formula Resister、MOTORCYCLE HERITAGEなど多数の走行イベントに加え、グランドスタンド手前のGPスクエアではレジェンドドライバー・ライダーによるトークショーも行われた。

 鈴鹿サウンド・オブ・エンジンは17日(日)も引き続き開催される。

Read Also:

次の記事
スーパーGTラストランを終えたバトン、ファンに感謝伝える「最高の2年間だった」

前の記事

スーパーGTラストランを終えたバトン、ファンに感謝伝える「最高の2年間だった」

次の記事

【ギャラリー】2019年鈴鹿サウンド・オブ・エンジン

【ギャラリー】2019年鈴鹿サウンド・オブ・エンジン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , General
イベント SUZUKA Sound of ENGINE 2019
執筆者 藤木 充啓