鈴鹿サーキット、開設60周年記念プロジェクトを3月に始動。合計60企画を準備

今年開設60周年を迎える鈴鹿サーキットは、60周年記念プロジェクトを今年の3月に始動させることを発表。特設ウェブサイトもオープンした。

鈴鹿サーキット、開設60周年記念プロジェクトを3月に始動。合計60企画を準備
Listen to this article

 2022年の9月20日に開場60周年を迎える鈴鹿サーキットは、これを記念する企画「SUZUKA 60 PROJECT」を3月にスタートさせること、そして特設ウェブサイトを公開したことを発表した。

 1962年9月に、日本最初の本格的なサーキットとして開設された鈴鹿サーキット。様々な名シーンを生み出したこのサーキットは、今年の9月に60周年を迎える。

 同サーキットではこれを記念して、「SUZUKA 60 PROJECT」と名付けられた様々な企画を実施。その総数は、60にも及ぶという。

 その一環として、3月5〜6日には「鈴鹿サーキット60周年ファン感謝デー」が開催される予定(2月13日にチケット発売予定)。さらに次世代モビリティや再生可能エネルギーを活用し、さらに車両性能の進化を”見て・体感”できるイベントも開催されるという。

 鈴鹿サーキットパークでは、子供たちのチャレンジ精神をかきたてる「やってみたい!を応援『できた!チャレンジイヤー』」が3月に開催。鈴鹿サーキットホテルには、新しいホテルもオープンするようだ。

 またファンが鈴鹿サーキットで撮影した写真でモザイクアートを作る「みんなでつくる! フォトモザイクアート」も1月1日から募集がスタート。この募集は1月31日で締め切られ、3月1日からサーキットパークのウエルカム広場に、寄せられた写真によって作られるモザイクアートが展示される(募集はhttps://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/60th/mosaicart/で受付中)。

 これら60周年記念イベントは、1月1日に公開された「60周年特設ウェブサイト」(https://www.suzukacircuit.jp/60th/)に順次掲載される予定。どんな企画が追加されていくのか、楽しみなところだ。

 
Read Also:

シェア
コメント
motorsport.com日本版から、2022年新年のご挨拶
前の記事

motorsport.com日本版から、2022年新年のご挨拶

次の記事

TOYOTA GAZOO Racing、東京オートサロン2022でレース専用マシン「GR GT3 Concept」を世界初公開へ

TOYOTA GAZOO Racing、東京オートサロン2022でレース専用マシン「GR GT3 Concept」を世界初公開へ
コメントを読み込む