F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

体温チェックもこれで楽しく! 鈴鹿サーキットに「検温ピットストップ」エリアが新登場

シェア
コメント
体温チェックもこれで楽しく! 鈴鹿サーキットに「検温ピットストップ」エリアが新登場
執筆:
2020/07/24 9:32

5月末から遊園地の営業を再開している鈴鹿サーキットは、入園者への検温チェックにちょっとした工夫を凝らしている。

 新型コロナウイルスの影響で現在はどの商業施設でも入場時の検温は必須となっている。そんな中、鈴鹿サーキットではモータースポーツにちなんだ検温チェックの方法を導入し、話題となっている。

 感染拡大防止のために一時は臨時閉園の対応を取っていた鈴鹿サーキットだが、5月29日から遊園地の営業を再開。ただ、入園者に対してはマスクの着用義務や体温のチェック、ソーシャルディスタンスの確保などの協力をお願いしながらの営業となっている。

 そんな中、鈴鹿サーキットでは今月に入ってから入場時の検温チェックに工夫を凝らし「検温ピットストップ」のエリアを正面ゲート前に新しく設けたのだ。

 これは来場者の検温とマスクの着用の有無を、モータースポーツでは欠かせないシーンとなっているピット作業に見立てて行おうというもの。エリア前には『検温PIT IN』と書かれたサインボードを持ったスタッフが誘導し『検温STOP』のボードを持ったロリポップの前でストップ。非接触型体温計をインパクトレンチのように持って待っているスタッフが素早くかつ確実に体温とマスク着用をチェック。ふたつの項目をクリアすれば、ロリポップがゴーサインを出し入場が可能。正面ゲートでチケットを提示する際には、アルコール消毒液での手指消毒をお願いしているという。

 鈴鹿サーキットに話を訊くと、5月末の営業再開時から検温チェックは必ず行なってきたというが、非接触型体温計がインパクトレンチに似ているというのがきっかけで『検温ピットストップ』のアイディアが浮上したとのこと。どうしても「入場時の検温」と聞くとネガティブな印象に捉えられがちになるのだが、それを少しでも楽しく受けてもらおうということで、このような形にしたという。実際に、来場者からの評判も良いようで、特にモータースポーツが好きな方が来るとかなり盛り上がっているようだ。

 実際のレースにおけるピットストップは勝敗の行方を大きく左右する大事な場面のひとつで、正確性とスピードが求められるが、この検温ピットストップでは確実性を重視し“アンセーフリリース”を絶対に起こさないように、スタッフも日々注意している。

Read Also:

童夢の代表取締役交代。松村晃行氏が新たに就任

前の記事

童夢の代表取締役交代。松村晃行氏が新たに就任

次の記事

事故で重傷負ったザナルディ、状態が不安定に。集中治療室に戻る

事故で重傷負ったザナルディ、状態が不安定に。集中治療室に戻る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General
執筆者 吉田知弘