永遠のライバル対決は新章へ……本山vs脇阪vs道上へと世代交代|モースポフェスSUZUKA

シェア
コメント
永遠のライバル対決は新章へ……本山vs脇阪vs道上へと世代交代|モースポフェスSUZUKA
2019/01/10 8:08

鈴鹿モータースポーツファン感謝デーで行われてきた「永遠のライバル対決」が一新。今年から本山、脇阪、道上の3人が、メーカーの威信をかけた戦いに挑む。

 3月2日(土)と3日(日)に鈴鹿サーキットで行われる「モースポフェス2019 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜」で、「新・永遠のライバル対決 本山哲vs脇阪寿一vs道上龍」が開催されることが発表された。

 昨年までの「モータースポーツファン感謝デー」では、恒例イベントとして中嶋悟vs星野一義のふたりによる「永遠のライバル対決」が開催されてきた。しかし2018年が最終決戦……その後を受ける形で、この本山(ニッサン)vs脇阪(トヨタ)vs道上(ホンダ)の「新・永遠のライバル対決」が実施されることになった。

 この「新・永遠のライバル対決」は3月2日(土)と3日(日)の両日開催の予定。実施時間、車両などは後日発表されるという。

 新たな時代を迎える「永遠のライバル対決」。昨年まで激闘が繰り広げられてきたが、今年からはどんなシーンが演じられるのか? 要注目である。

 トヨタ、ホンダ、鈴鹿サーキットが共催する「モースポフェス2019 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜」は、他にも様々なイベントが盛りだくさん。レッドブル・ホンダの2019年マシンのカラーリングを施したF1デモカーの走行や、2輪と4輪のル・マン24時間レース勝利車によるデモラン、さらにWRCチャンピオンカーのヤリスWRCと、インディ500を勝ったアンドレッティ・オートスポートの佐藤琢磨車(2017年)も走る……あまりにも豪華すぎるイベントだ。

 にもかかわらず、鈴鹿サーキットの公式ウェブサイトに掲載されている招待券を持参すれば、無料で入場可能である。

 詳しくは鈴鹿サーキットの公式ホームページ(https://www.suzukacircuit.jp/)まで。

次の記事
motorsport.com日本版から新年のご挨拶

前の記事

motorsport.com日本版から新年のご挨拶

次の記事

日本モータースポーツ記者会が選ぶ2018JMSアワードは山本尚貴が受賞

日本モータースポーツ記者会が選ぶ2018JMSアワードは山本尚貴が受賞
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General
まずは最新ニュースを読む