F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン】T.ブーツェン現役さながらの激走を披露

シェア
コメント
【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン】T.ブーツェン現役さながらの激走を披露
執筆:
2019/11/17 9:40

鈴鹿サーキットでSUZUKA Sound of ENGINE 2019の2日目が行われ、16000人のファンが来場。元F1ドライバーのティエリー・ブーツェンがF1マシンやグループCカーで激走を披露するなど、往年の名車、名ドライバーの走りを堪能した。

 鈴鹿サーキットでSUZUKA Sound of ENGINE 2019のイベント2日目が行われ、初日に引き続き多くのファンの耳を、往年の名車のエンジンサウンドで楽しませた。

 中でも圧巻の走りを披露したのは、元F1ドライバーのティエリー・ブーツェンである。ブーツェンはまずウイリアムズFW12に搭乗し、デモ走行とは思えぬ速さで走行。鈴鹿サーキットを1分56秒726で駆け抜けた。

Read Also:

 驚きはそれだけではなかった。ブーツェンはその後、グループCカーのポルシェ962Cをドライブ。このマシンが現役だった1988年、鈴鹿1000kmの予選で記録したタイムが1分57秒709だったのに対し、ブーツェンは今回なんと1分59秒010を記録。まさに現役時代さながらの速さを披露した。

「マシンの状態は良かったからね。速く走らなきゃもったいないよ」

 ブーツェンはそう走行後に語った。

 一方で残念なこともあった。今回のSound of ENGINEの目玉として、ピエル-ルイジ・マルティニ所有の”6輪F1マシン”ティレルP34が来日していたのだが、2日目は燃料漏れにより走行不能となってしまったのだ。これには、滅多に見ることができない伝説の6輪F1マシンの走行を目にするのを楽しみにしていたファンもがっかりした。

 オーナーであるマルティニは、「今回は残念だ。ぜひまた鈴鹿に戻ってきたい」と、再来日に含みをもたせた。

 なおマルティニが現役時代にドライブしていた1991年のミナルディM191もサーキット内に展示されていたが、これに乗ることに対しても、マルティニは興味を持っていた。

「次回はミナルディでも走りたいね。1台とは言わず、複数のミナルディで走りたい。ミスター・ミナルディとして、鈴鹿に帰ってくるよ」

 マルティニはそう語り、観客席を沸かせた。

 また二輪ロードレースの走行でも、感動的なシーンがあった。ケニー・ロバーツ、エディ・ローソンというふたりのWGPチャンピオンと共に、ウェイン・レイニーと青木拓磨が鈴鹿を走ったのだ。レイニーと青木は、共に事故に遭った影響で、車椅子での生活を強いられている。青木は今年の鈴鹿8耐の際に、22年ぶりにバイクに搭乗。レイニーも土曜日に、26年ぶりに鈴鹿サーキットを走った。

 初日は慎重な走りだったというレイニー。しかし2日目にはスピードが上がり、他を置き去りにした。

 青木曰く、「4人一緒にチェッカーを受けよう」という約束があったそうだが、レイニーはそんなことは御構いなしに、ひとりでチェッカーを受けてしまったのだ。

 この他にも往年の名車が次から次に走行。サーキットに詰めかけたファンを沸かせた。初日は12000人、2日目は16000人。述べ28000人のファンが訪れる結果となった。

Read Also:

次の記事
【ギャラリー】2019年鈴鹿サウンド・オブ・エンジン

前の記事

【ギャラリー】2019年鈴鹿サウンド・オブ・エンジン

次の記事

フォルクスワーゲン、”内燃機関”へのファクトリー体制を終了。電気自動車注力

フォルクスワーゲン、”内燃機関”へのファクトリー体制を終了。電気自動車注力
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General
イベント SUZUKA Sound of ENGINE 2019
サブイベント Sunday
執筆者 田中 健一