TOYOTA GAZOO Racing&スバル、共同開発の『新型GR 86』『新型SUBARU BRZ』を初公開

4月5日、TOYOTA GAZOO RacingとSUBARUによって共同開発された新型のGR 86とBRZが世界初公開された。

新型GR 86

新型GR 86
1/2

写真:: TOYOTA GAZOO Racing

新型SUBARU BRZ

新型SUBARU BRZ
2/2

写真:: Subaru

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)と株式会社SUBARUは4月5日、新型GR86と新型SUBARU BRZを初公開した。

 86とBRZと言えば、トヨタとスバルの共同開発によって2012年に誕生した本格FRスポーツカーとして知られている。これらを使ったワンメイクレース『86/BRZレース』なども開催されており、プロ、アマ問わず様々なドライバーが参加して盛り上がりを見せている。

 今回発表された新型86には、TGRが展開するスポーツカーシリーズ“GR”の名が冠されている。これはGRスープラ、GRヤリスに次ぐ3台目ということになる。

 “もっといいクルマづくり”を目指すTGRとスバルが今回送り込む新型GR86と新型SUBARU BRZは、多岐にわたって進化を遂げている。低重心かつコンパクトなFRのパッケージはそのままに、モータースポーツに参戦する車両に搭載されているエアアウトレットやサイドシルスポイラーなどが採用されており、モータースポーツからのフィードバックを活かして操舵応答性や操縦安定性に磨きがかかっているようだ。

 さらにスバルの運転支援システム『アイサイト』が、BRZだけでなく86にも標準装備(AT車のみ)。これにより通常走行における安全サポートにとどまらず、衝突回避支援や衝突被害の軽減に貢献するプリクラッシュセーフティ技術、万が一事故が起きた際の救護支援、二次衝突の回避支援などを実現している。

 なお、新型GR 86は2021年秋頃、新型SUBARU BRZは2021年夏頃の発売を予定しているとのことだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
鈴鹿サーキット、国際レーシングコースの最終シケイン名称変更を発表。『日立Astemoシケイン』に

前の記事

鈴鹿サーキット、国際レーシングコースの最終シケイン名称変更を発表。『日立Astemoシケイン』に

次の記事

夢のフォーミュラカー体験を、あなたにも。『トムス・フォーミュラ・カレッジ』が開設

夢のフォーミュラカー体験を、あなたにも。『トムス・フォーミュラ・カレッジ』が開設
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General