東京オートサロン2019が大盛況のうちに閉幕、過去最多となる33万人が来場

シェア
コメント
東京オートサロン2019が大盛況のうちに閉幕、過去最多となる33万人が来場
執筆:
2019/01/13 14:32

1月13日に閉幕した東京オートサロン2019の総来場者数が発表され、過去最多となる33万666人を動員した。

東京オートサロン2019会場の様子
東京オートサロン2019会場の様子
東京オートサロン2019会場の様子
TEAM IMPUL SF19(スーパーフォーミュラ)

 千葉県の幕張メッセで1月11日~1月13日まで開催された東京オートサロン2019。実行委員会から3日間合計の総来場者数を発表され、過去最多となる33万666人が来場した。

 カスタムカーの祭典として知られ、今年で37回目を迎えた東京オートサロン。近年では自動車メーカーが大型ブースを出展するなど、今年も合計426社、906台の車両が出展された。

 特に今年はトヨタが次期スーパーGTのGT500マシンであるスーパーGTのコンセプトバージョンをお披露目したほか、ホンダ陣営は早々に2019年のスーパーGTドライバー体制を発表。その他にもGT300クラスのいくつかのチームが体制発表やマシンのお披露目を行うなど、話題が多い週末となった。

 12日から始まった一般公開日では、やはり一番人気はスープラで朝から夕方にかけて常に多くの人でブースが埋め尽くされていた。

 さらに、今年は14日が成人の日で3連休ということもあり、最終日は遠方からの来場者も多かったのか、前年の記録を9000人も上回る12万7177人が来場。会場内はもちろん、周辺の駐車場や最寄りのJR海浜幕張駅などは例年にないほどの混雑ぶりとなった。

 最終的に前年よりも約1万人多い33万666人が来場し、過去最高の動員数となった。なお、2020年の東京オートサロンは同じ幕張メッセが会場となり1月10日(金)~1月12日(日)の日程で開催されることが、実行委員会から発表されている。

次の記事
フェラーリF40、1億2100万円で落札|オートサロンBHオークション

前の記事

フェラーリF40、1億2100万円で落札|オートサロンBHオークション

次の記事

メーカー間の垣根を取り払うムーブメント……トヨタ&ホンダ共催、モースポフェスが持つ意味

メーカー間の垣根を取り払うムーブメント……トヨタ&ホンダ共催、モースポフェスが持つ意味
Load comments

この記事について

シリーズ General
イベント 東京オートサロン2019
執筆者 吉田知弘