TOM’Sが高級車センチュリーを“徹底カスタム”、東京オートサロンでセダン部門優秀賞を獲得

国内のモータースポーツ界で活躍するTOM’Sが、トヨタの超高級車センチュリーを徹底的にチューニング。東京オートサロンの会場で注目を集めた。

TOM’Sが高級車センチュリーを“徹底カスタム”、東京オートサロンでセダン部門優秀賞を獲得

 国内屈指の名門レーシングチームとして知られるTOM’S。昨年もスーパーフォーミュラではニック・キャシディがドライバーズチャンピオンに輝き、スーパーGT(GT500クラス)では中嶋一貴/関口雄飛の#36 au TOM’S LC500が第3戦鈴鹿で優勝。平川亮/ニック・キャシディの#37 KeePer TOM’S LC500も最終戦もてぎで優勝する活躍を見せた。

 そんなTOM’Sだが、レース活動のみならず、アフターパーツやチューニングカーの開発にも力を入れている。幕張メッセで開催された東京オートサロン2020では、TOM’Sが手がけたカスタマイズカー2台が登場したが、特に“超高級車”であるトヨタ センチュリーをベースとしたハイパフォーマンスカー『TOM’S CENTURY』に注目が集まった。

 センチュリーは皇族御料車をはじめ、VIP専用の車両として使用されることが多いため“超高級セダン”という印象が強いが、TOM’Sはこれをハイパフォーマンス仕様にカスタムした。

 専用のフロントバンパー、サイドステップに加え、リヤアンダースポイラー、トランクスポイラーが装着され、センチュリーが元々持つ“高級感”の印象を残しつつもスポーティーな雰囲気に仕上がっているのが特徴。さらに独自開発のエキゾーストシステム「トムス・バレル」を採用しており、存在感ある4本マフラーにも注目が集まった。さらに内装もTOM’Sのロゴが入ったオリジナルシートを装備している。

 先日の東京オートサロン2020では「東京国際カスタムカーコンテスト」のセダン部門で優秀賞を獲得。なお、この車両が限定36台で販売されるとのこと。価格はおよそ2800万円だという。

Read Also:

TOM'S CENTURY

TOM'S CENTURY
1/4

写真:: 吉田知弘

TOM'S CENTURY

TOM'S CENTURY
2/4

写真:: 吉田知弘

TOM'S CENTURY

TOM'S CENTURY
3/4

写真:: 吉田知弘

TOM'S CENTURY

TOM'S CENTURY
4/4

写真:: 吉田知弘

シェア
コメント
「フォードvsフェラーリ」アカデミー賞4部門ノミネート。作品賞受賞なるか?

前の記事

「フォードvsフェラーリ」アカデミー賞4部門ノミネート。作品賞受賞なるか?

次の記事

新型コロナウイルスに揺れる中国。モータースポーツへの影響は?

新型コロナウイルスに揺れる中国。モータースポーツへの影響は?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General
イベント 東京オートサロン 2020
チーム TOM'S
執筆者 吉田知弘