フォルクスワーゲンID.R、ニュル北コースの電気自動車最速記録を大幅更新!

シェア
コメント
フォルクスワーゲンID.R、ニュル北コースの電気自動車最速記録を大幅更新!
執筆:
2019/06/04 10:22

フォルクスワーゲンの電動プロトタイプカーであるID.Rが、ニュルブルクリンク北コースの電気自動車レコードタイムを更新した。

 フォルクスワーゲンは、昨年のパイクスピーク・ヒルクライムで新記録を記録したID.Rを改良。ニュルブルクリンクの北コース、通称ノルドシュライフェにマシンを持ち込み、電気自動車のラップタイムレコード更新に臨んだ。

 ドライブを担当したのは、パイクスピークでの記録樹立にも貢献したロマン・デュマだ。6月3日(月)にアタックが敢行され、ID.Rはノルドシュライフェを6分05秒336で走破。中国のNextEVが生み出したNIO EP9の記録、6分45秒90を大幅に更新した。

 ニュル24時間レースを4度制するなど、ニュルを知り尽くしたデュマは「ノルドシュライフェのレコードホルダーになるなんて、信じられないほど誇りに思う」と語った。

「僕にとって、ここは世界最高であり、最も難しいレーストラックだ」

「再び素晴らしい仕事をしてくれたフォルクスワーゲン・モータースポーツのチームに感謝したい。ID.Rはノルドシュライフェでの走行に向けて、完璧に準備が整っていた。その強烈な加速力とコーナリングスピードを経験するのはとても楽しかった」

 フォルクスワーゲンは、パイクスピークを走ったID.Rを、ノルドシュライフェで走行するために大幅改良。ダウンフォースを最適化したほか、F1で採用されているDRS(空気抵抗低減システム)を搭載した。

 また、パイクスピークではミシュランタイヤを履いていたが、今回の走行に向けてブリヂストンタイヤにスイッチし、テストを重ねてきた。

 フォルクスワーゲンのモータースポーツディレクターであるスベン・スミーツは、次のように述べた。

「この素晴らしいサクセスストーリーは、エンジニアによる緻密な準備、チーム全体の完璧な作業、そしてもちろんロマン・デュマによる完璧なドライビングパフォーマンスの賜物だ」

 なお、全車種を含めた最速レコードは、ポルシェ919ハイブリッドevoが記録した5分19秒546。世界耐久選手権(WEC)を撤退したポルシェが、レギュレーションに縛られずに改造を施したこのマシンが、1983年にポルシェ956が持っていた最速記録(6分11秒13)を塗り替えている。

次の記事
憧れの名車で自ら走行……ウイリアムズヘリテージ、走行イベントを実施

前の記事

憧れの名車で自ら走行……ウイリアムズヘリテージ、走行イベントを実施

次の記事

モータースポーツの”オリンピック”が始動。今年秋にローマで初開催へ

モータースポーツの”オリンピック”が始動。今年秋にローマで初開催へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General
ドライバー ロマン デュマ
チーム フォルクスワーゲン・モータースポーツ
執筆者 Jamie Klein
まずは最新ニュースを読む