2018年グローバル・ラリークロス選手権の暫定スケジュールが発表

2018年のレッドブル・グローバル・ラリークロス選手権のスケジュールが発表。全8戦12ラウンド開催される予定だ。

  アメリカを拠点とした選手権であるレッドブル・グローバル・ラリークロスが、2018年のスケジュールを発表。全8戦12ラウンド開催される予定であり、ヨーロッパラウンドが復活する。さらにクラスはスーパーカークラスやGRCライツクラスに加え、新たにポラリス・RZRクラスが用意される。

 参戦ドライバーには3度のスーパーカークラス王者であり、元F1ドライバーのスコット・スピード、ラリークロスやドリフトカテゴリーで活躍したターナー・ホースト、WRC選手権に参戦していたクリス・エイトケンなどが名を連ねている。

 レッドブル・グローバル・ラリークロス選手権のCEOであるコリン・ダインは次のように語った。

「今年はファン待望のヨーロッパラウンドが復帰したことにより、これまでとは違った選手権になると我々は期待している」

「そして新しいクラスであるポラリス・RZRクラスが加わることで、グローバル・ラリークロス選手権はさらに大きな盛り上がりをみせることだろう」

 2018年レッドブル・グローバル・ラリークロス選手権の暫定スケジュールは以下の通りである。

2018年レッドブル・グローバル・ラリークロス選手権の暫定スケジュール:

ラウンド1:ケンタッキー州ルイビル(5月19-20日)
ラウンド2-3:未定(6月9-10日)
ラウンド4:ルイジアナ州ニューオーリンズ(6月23-24日)
ラウンド5:カルフォルニア州ロサンゼルス
ラウンド6-7:インディアナ州インディアナポリス(8月11-12日)
ラウンド8-9:ニュージャージー州アトランティックシティ(8月25-26日)
ラウンド10:ワシントン州シアトル(9月15-16日)
ラウンド11-12:ヨーロッパ(10月27-28日)

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Global Rallycross
記事タイプ 速報ニュース