【GP3】ハンガリー予選:福住は3番手スタート。同門エイトケンがPP

シリーズ第4戦ハンガリーの予選が行われ、ジャック・エイトケン(ARTグランプリ)がポールポジションを獲得した。

 GP3シリーズ第4ラウンド、ハンガリーの予選がハンガロリンクで行われた。赤旗で早期終了となったセッションで、ジャック・エイトケン(ARTグランプリ)がポールポジションを獲得した。

 30分の予選セッションが10分を経過した時点で、福住仁嶺(ARTグランプリ)が1分32秒944をマークしトップ。福住は更に0.285秒タイムを短縮するが、チームメイトのアンソニー・ユベールが1分32秒464でそれを上回った。

 セッション前半が終了し、今季これまで圧倒的な強さを発揮しているARTグランプリ勢がトップ4を独占。3番手の福住からトップのユベールまで0.1秒以下の接戦のまま、各車がピットインして後半のアタックに備えた。

 残り10分を切り、タイヤをリフレッシュしたマシンが続々とピットアウトしていった。

 まずアタックに出ていったのは、4番手だったエイトケン。1分31秒754までタイムを伸ばし、トップに浮上した。福住は0.255秒届かず3番手となった。ポイントリーダーのジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)は2番手につけた。

 残り2分を切り、各車が最後のアタックに向かおうというころ、フィニッシュライン付近にアルジュン・マイニ(Jenzer Motorsport)がマシンを止めてしまい、赤旗が掲示された。

 結局セッションは再開されることなく、そのまま終了。福住はレース1を2列目、3番グリッドからスタートすることになった。

 レース1はこの後、日本時間24時35分から行われる。

 →【リザルト】GP3第4戦ハンガリー:予選結果

【関連ニュース】

GP3初優勝アレジ、福住所属ARTの強さはドライバーの力だと断言

ザウバーと関係解消のホンダF1、他チームと交渉中と認める

ホンダF1、ザウバーへのパワーユニット供給契約の白紙化を発表

GP3イギリスレース2:アレジが初優勝。福住は悪夢の週末に泣く

GP3イギリスレース1:福住まさかのノーポイント。ラッセル優勝

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ GP3
イベント名 Hungaroring
サーキット ハンガロリンク
記事タイプ 速報ニュース