【GP3】オーストリア予選:苦戦の福住10番手。僚友のラッセルがPP

シェア
コメント
【GP3】オーストリア予選:苦戦の福住10番手。僚友のラッセルがPP
2017/07/08 8:35

GP3第2戦オーストリアラウンドの予選が行われ、ART Grand Prixのジョージ・ラッセルがポールポジションを獲得した。

 フリー走行では好タイムを記録していたART Grand Prixの福住仁嶺だったが、予選では苦戦を強いられ、トップから0.370秒差つけられて10番手となった。

 セッション前半では、ジャック・エイトケン(ART Grand Prix)が1分20秒台の壁を破りトップタイムを記録し、福住はその0.063秒差で2番手につけた。3番手はジョージ・ラッセルがつけたことで一時ART Grand Prixがトップ3を占めた。

 セッションスタートから15分が経過し、ドライバーたちは一斉にピットに帰還。ラストアタックに向けて、タイヤをリフレッシュした。

 まずいち早くコースに復帰したドリアン・コボラッチ(トライデント)がトップタイムを塗り替え、シュタイン・シュートホルスト(アーデン)らがそれを上回った。そこから多くのドライバーたちによる怒涛のトップタイム更新が繰り広げられ、福住のポジションはどんどん下位に沈んでいった。

 結局、タイムアタック合戦でトップタイムを維持したラッセルがポールポジションを獲得した。2番手はそのチームメイトのエイトケン、3番手はボコラッチだった。

 GP3第2戦オーストリアラウンドのレース1は、日本時間7月9日(日)0時10分よりスタートする。

■GP3第2戦オーストリアラウンド予選のリザルト

【関連ニュース】

GP3オーストリアFP:福住は3番手、アレジとトップ争いを繰り広げる

【F2, GP3】鈴木亜久里、松下と福住を語る「自分が勝つより嬉しい」

GP3初優勝の福住仁嶺「君が代が聞けたのが何より嬉しかった」

GP3バルセロナレース1:君が代響く! 福住仁嶺GP3初優勝

GP3参戦の福住「F1はそこまで遠くないと感じた。あとは僕の実力次第」

次の GP3 ニュース
【GP3】オーストリア決勝1:福住3位入賞! ARTがトップ4を占める

前の記事

【GP3】オーストリア決勝1:福住3位入賞! ARTがトップ4を占める

次の記事

【GP3】オーストリアFP:福住は3番手、アレジとトップ争いを繰り広げる

【GP3】オーストリアFP:福住は3番手、アレジとトップ争いを繰り広げる

この記事について

シリーズ GP3
記事タイプ 予選レポート