【GP3, F3】GP3とF3、2019年から統一シリーズで開催へ

GP3シリーズとFIA F3ヨーロッパ選手権は、2019年に向けて、事実上の合併をすることになりそうだ。

 GP3シリーズは、2019年からFIA F3ヨーロッパ選手権と合併して開催されることになるようだ。

 先日、GP2シリーズが今年からFIA F2選手権となることが発表された。これによりF4、F3、そしてF2からF1へという流れが明確になった。

 しかし、GP3がF3と改められるのかどうかについては現時点では何の発表もない。もし合併するとしても、GP3はF1のサポートレースである一方、FIA F3ヨーロッパ選手権はドイツツーリングカー選手権(DTM)のサポートレースであるため、多くの調整が必要なことは明らかだ。ただ、現在のGP3の開催契約は2018年末までとされており、FIAのシングルシーター委員会は、2019年からGP3とF3を合併することについて、議論を行っているようだ。

 F3もGP3も、これまでの数シーズンは参戦チームを集めることに苦労していた。そのうえ今年のGP3は、さらに参戦チーム数が減る可能性もある。しかしGP3に参戦するコイラネンGPの広報担当者は、シリーズを継続するか打ち切るかを決断するには早すぎるとmotorsport.comに話した。

 この合併が実現すると、FIAの基準に則った新生F3選手権が始まることになる。ただ、GP3チームがマシンを持ったとしても、F3の強豪チームがすでに有力ドライバーを確保しているため、その点で差が生じる可能性も指摘される。

 シングルシーター委員会のトップであるステファノ・ドメニカリは、F3とGP3の将来に関する公式コメントを発表していないが、motorsport.comにはこう話した。

「GP2がF2になったことを受けて、ステップアップの筋道が完成しつつある。今はF2へのステップであるF3を強化するために、多くのエネルギーを割こうとしているところだ」

 またドメニカリは、F3を改善していくために、BRDC(英国レーシング・ドライバーズ・クラブ)が主催するイギリスF3が導入した『F3 ライト』というコンセプトを支持していることをほのめかした。このF3 ライトとは、F4とF3の間のレベルにあるカテゴリー。実力のある若手ドライバーがシートを得られなかったり、資金不足でレースに出られなくなることを避ける目的で創設された。

「才能ある若いドライバーのキャリアを国際的なレベルで進歩させ、彼らが身の丈にあったカテゴリーでレースをできるようにするために、F4とF3の間のステップアップの段階をどう改善していくか、今も話し合っている」

【関連ニュース】

【GP2, F1】GP2がFIA F2選手権に名称変更。F1への”ルート”が明確に

【F2】”新生F2”初テスト。松下信治が記念すべきトップタイム

【GP3】福住「F1はそこまで遠くないと感じた。あとは僕の実力次第」

【F1】ザウバー、タチアナ・カルデロンを開発ドライバーとして起用

ドコモ×DAZN 新サービス2月15日より開始。F1ライブ配信も継続

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ GP3 , F3 Europe
記事タイプ 速報ニュース