ADAC GT Masters 速報ニュース

バレンティーノ・ロッシ、WRT&アウディとGTマシンのテスト実施。来季はスパ24時間なども視野に?

MotoGPを引退したレジェンド、バレンティーノ・ロッシはTeam WRTとアウディと共に、R8 LMS GT3のテストを実施。2022年の4輪レース参戦に向けた準備を加速させている。

バレンティーノ・ロッシ、WRT&アウディとGTマシンのテスト実施。来季はスパ24時間なども視野に?

 MotoGPで9度の世界タイトルを獲得し、2021年シーズンをもってその輝かしいキャリアを終えたバレンティーノ・ロッシではあったが、彼に“現役引退”という選択肢はないようだ。

 ロッシは以前からMotoGP引退後に、4輪レース参戦の意向があることを示してきたが、12月9日にはTeam WRTからAudi R8 LMS GT3をリカルド・トルモ・サーキットでテスト。2022年にコラボレーションの可能性があることが分かった。

 今回リカルド・トルモ・サーキットではアウディのカスタマーチームがそれぞれ集まり、2022年に向けたテストを実施。ロッシはその中のTeam WRTから参加した。

Kann Vincent Vosse Valentino Rossi von einem Engagement in seinem Team überzeugen?

Kann Vincent Vosse Valentino Rossi von einem Engagement in seinem Team überzeugen?

Foto: Ferdi Kräling Motorsport-Bild GmbH/B-Side productions

 ロッシは2022年に向け、GTカーでのレースに興味があることを明らかにしてきた。彼は以前からWEC(世界耐久選手権)への興味を明らかにしていたが、WRTとアウディのテスト参加によって、GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ、スパ24時間レースといったイベント参加の可能性もより現実味を帯びてきたと言えそうだ。

 すでにロッシは2022年1月のガルフ12時間レース参戦も明らかとなっており、このレースにはケッセル・レーシングからフェラーリを駆って参戦する。

 Team WRTのヴィンセント・フォッセ代表はロッシのテストに関して次のようにコメント。コラボレーションの可能性を検討していると認めた。

「バレンティーノ・ロッシは、本日WRT Audi R8 LMSをバレンシアのプライベートテストでドライブした」

「今週、チームはアウディ・スポーツと共にテストを行なっており、今日は彼がサーキットを走る番だった。我々は9度の世界チャンピオンとの間で、将来的なコラボレーションの可能性を検討している」

 なおロッシは現在のところ来年に向け様々なカテゴリーに「目を通している」と語っており、フェラーリやアウディも彼に提示されているいくつかの選択肢に過ぎない。ロッシが今後どういった選択肢を選ぶかは、今後数週間で明らかになってくるだろう。

 
Read Also:

シェア
コメント
コメントを読み込む