マクラーレンF1チームのCEO、ザク・ブラウンがGT4レースにドライバーとして参戦。570Sをドライブ

マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、オランダのザントフールトで行なわれるGT4選手権で、マクラーレン570Sのステアリングを握ることになった。

マクラーレンF1チームのCEO、ザク・ブラウンがGT4レースにドライバーとして参戦。570Sをドライブ

 マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、自身が代表を務めるユナイテッド・オートスポーツから、6月19〜20日にザントフールトで行なわれるGT4ヨーロッパシリーズのオランダラウンドにドライバーとして参戦することとなった。

 ブラウンがドライブするのはマクラーレン570S。彼が現代のマシンでレースをするのは2013年のイギリスGT選手権にMP4-12Cで参戦して以来であり、今回のパートナーはユナイテッド・オートスポーツの共同オーナーであるリチャード・ディーンだ。

 近年はヒストリックカーを中心にレース活動を行なってきたブラウンは、次のようにコメントした。

「ザントフールトでまたレーシングカーに乗られることにワクワクしている」

「私はこのチームで何度かマクラーレンのテストを行なってきたが、ようやくザントフールトでのレースに向けての準備が整ってきた」

「ここ数年はヒストリックレースに集中していたので、現代のマシンのレースに復帰することができて嬉しい」

 また、かつてF3000やル・マン24時間でも活躍したディーンは「ユナイテッド・オートスポーツの現行マシンでレースをするのは久し振りなので、マクラーレンのGT4を走らせるのがとても楽しみだ」と付け加えた。

 現在49歳のブラウンは、1990年代にイギリスF3選手権やインディ・ライツにも参戦した経験があるが、その後は主に自身が立ち上げたジャスト・マーケティング・インターナショナル社の事業に集中し、マクラーレンに加入して現在に至る。

 2012年にはブランパン耐久シリーズの3ラウンドにMP4-12Cでエントリーし、イギリスGT選手権の最終戦ドニントンでは優勝。近年はウイリアムズFW07やマクラーレンM26、ポルシェ962、ポルシェ935などのヒストリックマシンでレースに参戦していた。

 

Read Also:

シェア
コメント
”画期的”な電動GTシリーズ誕生へ! 市販EVと直結した新カテゴリーの技術詳細をFIAが発表
前の記事

”画期的”な電動GTシリーズ誕生へ! 市販EVと直結した新カテゴリーの技術詳細をFIAが発表

次の記事

ジュニアドライバーの登竜門、マカオGPのFIA F3・GTワールドカップは2021年も開催中止が決定

ジュニアドライバーの登竜門、マカオGPのFIA F3・GTワールドカップは2021年も開催中止が決定
コメントを読み込む