F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

ワーゲンのEVプロトタイプ、グッドウッドでF1マシンの最速記録を更新

シェア
コメント
ワーゲンのEVプロトタイプ、グッドウッドでF1マシンの最速記録を更新
執筆:
協力: Matt Kew
2019/07/06 8:01

フォルクスワーゲンのEVプロトタイプであるID.Rがグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで走行。20年前にニック・ハイドフェルドがマクラーレンMP4-13で記録したヒルクライムのレコードタイムを更新した。

 フォルクスワーゲンのEVプロトタイプマシンであるID.Rがイギリスのグッドウッドで行われているグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで走行。同車が昨年記録したEVマシンでのレコードだけでなく、1999年にニック・ハイドフェルドがマクラーレンのF1マシンMP4-13を駆って記録したヒルクライムのレコードタイムを上回った。

 ID.Rを走らせたのは、ル・マン24時間優勝経験もあるロマン・デュマ。フォルクスワーゲンのテクニカルディレクターであるフランソワ-シャビール・デマイゾンによれば、今回のID.Rはスプリント用に最適化されたモノであり、軽量化のためにバッテリーを小型化、ブリヂストンのソフトコンパウンドのタイヤを履いていたという。

 このフォルクスワーゲンID.Rは、金曜日に41.18秒を記録。ハイドフェルドのマクラーレンが記録した41.6秒を上回った。

「僕らは、昨年と比較して大幅に改善した。だからまた、確かにポジティブなことであり、僕らはたくさん働いたんだ」

 そうデュマは語った。

「本当に楽しかったよ」

「残りの週末は、天候のために少し懸念が大きかった。だから僕らは、今日プッシュしようとしたんだ。それでも、明日もう少し速く走れればいいんだけどね」

 フォルクスワーゲンのモータースポーツ・ディレクターであるスヴェン・スミーツはmotorsport.comに対し、金曜日にレコードに挑む走行ができたのは良いことだったと語った。

「これほど早く、このアタックをするつもりはなかった。でもその一方で、日曜日の最後の走行までそれを取っておくつもりもなかった。なぜなら、何かがおかしくなってしまったら困るからね」

「これで土曜日の午後と日曜日の午後には、少し違う気分で走行ができることになる。それでもどうやら、41秒を切るタイムを記録するために、改良できるいくつかのことがありそうだ。我々は自分たちに、新たな目標を立てなければいけない」

「このヒルクライムは、路面がとてもスムーズでバンプもあまりない。だから、レースカーのように走ることができるんだ。そして、マシンはパイクス・ピークのようには重くない」

 デュマは40秒台に入れることを目指すものの、初日にレコードを更新できたことにより、プレッシャーから解放されたと語った。

「今僕にはプレッシャーがかかっていない。それは良いことだ。グッドウッドはトリッキーな場所だから、何が起きるか分からないんだ」

「前にマシンが走っていたりすると、コースが少し汚れている可能性がある。願わくば明日、40秒台で走れればいいね。どうなるかは分からない。僕らは明日、最善を尽くす。そしてどうなるかを見ることになる」

Read Also:

次の記事
VW、パイクスピーク参戦用の電気自動車を開発中。e-WRX参戦への布石か

前の記事

VW、パイクスピーク参戦用の電気自動車を開発中。e-WRX参戦への布石か

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Hillclimb
ドライバー ロマン デュマ
チーム フォルクスワーゲン・モータースポーツ
執筆者 Jack Benyon