アロンソの”僚友”ノリス、デイトナへ向けテスト実施。ディ・レスタも参加

ランド・ノリスとポール・ディ・レスタは、ポールリカールでデイトナ24時間レースへ向けた最初のテストを行った。

 ユナイテッド・オートスポーツから来年1月のデイトナ24時間レースに出場することになっているランド・ノリスとポール・ディ・レスタは、レースに向けた最初のテストを行った。

 今年のF3ヨーロッパ選手権のチャンピオンであるノリスは、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)とフィル・ハンソンと供にユナイテッド・オートスポーツからリジェJSP217を駆って来年1月のデイトナ24時間レースに出場することが決まっている。またディ・レスタも、同チームの姉妹車でデイトナ24時間へ出場する。彼のチームメイトにはウィル・オーウェンが決まっているが、もうひとりはまだ発表されていない。

 今週の火曜日と水曜日にポールリカール・サーキットでレースへ向けたテストが行われ、ノリスとディ・レスタはこれに参加しマシンを走らせた。

 なおアロンソはこのテストには参加しなかった。伝えられたところによれば、彼は火曜日にケルンにあるトヨタモータースポーツGmbHを訪ね、WEC(世界耐久選手権)のルーキーテストの準備を行っていたのではないかと言われている。しかしルーキーテストのエントリーには彼の名前はなかった。

 その火曜日、ノリスとディ・レスタは1台のマシンをシェアしてテストを行い、ノリスの方は”約200マイル(およそ320km)”を走破した。

 翌日はレイアウトを変更し、1.12マイル(約1.792km)のミストラル・ストレートにあるシケインを通過しない形でテストが行われた。この日はノリスのみテストに参加した。

 彼は「今回の経験を楽しむことができた。リジェはドライブしていて楽しいマシンだし、デイトナでのレースが楽しみだ」と語った。なお今後は1月までマシンに乗る機会はなさそうだという。

「マシンのパワーやダウンフォース、タイヤ、燃料搭載量の違いにもすぐに適応することができた。この2日間は走行が制限されていたから、すべてのことに集中し物事をまとめるのが難しかった」

「マシンに乗っていても100%快適だとは感じられなかった。でも今後チームは僕のシートを修正することになっているし、僕は(デイトナ24時間レースの)公式テストにも参加するつもりだから、あとは自分の努力次第だ」

「タイヤも変わってくるだろう。ここではダンロップを履いたけど、デイトナではコンチネンタルを使用することになっている。僕がこれまでドライブしてきたマシンよりも重いマシンとの違いも重要だし、良い感触を得るためにも新品タイヤも古いタイヤも履いて、ロングランとショートランを行った」

「頭上に屋根があって、ヘルメットに風の影響を受けなくてよかった」

 ノリスは来年マクラーレンF1チームのリザーブドライバーを務めることになっており、ブラジルGP後の火曜日に行われるピレリのテストにも参加するという。その後F3マカオGPに出場するため、マカオへ向かうことになっている。

 今回のテストには参加しなかったアロンソだが、来年1月5~7日に行われるデイトナ24時間の公式テストまでにはマシンをドライブすることになっており、早ければ今月にもドライブする可能性があるという。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA
ドライバー Lando Norris
チーム United Autosports
記事タイプ 速報ニュース