アロンソのデイトナ初レースは”問題多発”「驚いたけど、良い経験だ」

デイトナ24時間に初挑戦したアロンソは、多発した問題に驚きつつも、耐久レースを存分に楽しんだと語る。

 フェルナンド・アロンソは、ユナイテッド・オートスポーツの23号車の一員として、デイトナ24時間に今年初挑戦した。しかし、ブレーキトラブルに見舞われるなどしたため、トップから90周遅れの総合38位に終わった。

 アロンソは初挑戦のデイトナ24時間について”ポジティブ”な感想を語ったが、ブレーキの問題については”驚くべき経験”だったという。彼はブレーキトラブルの結果、ターン1でスピンを喫している。

「正直に言ってちょっと怖かったよ」

 アロンソは取材に対してそう語った。

「1コーナーに到達する時、スピードは300〜310km/hくらいなんだ。そしてブレーキを踏むんだけど、全く効かなかった。そういうことが2回もあったんだ」

「幸いなことに、このコースにはショートカットがある。でも夜になると、タイヤバリヤをはっきりと見ることにできず、エスケープロードもどこにあるか分からない……より恐ろしい状況になるんだ!」

「耐久レースではそういうことが起きることがあるし、メカニックが問題を修復する。そのためにマシンをガレージに戻そうとしたんだ」

 ガレージでマスターシリンダーを交換したにもかかわらず、マシンにはブレーキトラブルは再び起きることになった。しかしアロンソは、テストや予選の時よりも、彼らのリジェが速かったことに励まされていたと語る。

「イベントを通じて、とても良い経験になった。テスト、予選、リスタート、担当スティント、夜間に感じる疲れ、夜から朝への移り変わり……コース上にいる時は、とても良い感じだった。そして僕はトラフィックを処理することや、クルマそのものを心から楽しんだ」

「たぶん最も良かったことは、戦闘力があるということを僕らが感じたことだ。レースをスタートする際、それほど大きな期待は抱いていなかった。なぜならそれまで、それほど上位の力を見せることができていなかったからだ。しかし、レースになると突然ペースを手に入れた。ガレージにいるみんなは笑顔になったよ。それは素晴らしい気分だった」

「夜になると、僕らにとっては一番良い時間帯となった。マシンにはかなりの競争力があったんだ。3週間前にテストした時には、それほどの競争力はなかった。だから驚きだったんだ。今週も、純粋なペースでは完全に劣っていた」

「予選では僕らは13位と15位だった。でもレースではこれが変わったんだ。僕らが走っていた時には、おそらく最も速い3台のうちの1台には入っていたはずだ」

「でも残念ながら、僕らがコントロールできないような問題を多く抱えてしまった。不運な状況だった。まず、3スティント目か4スティント目に、パンクが起きてしまった。リードラップには5台のマシンがいて、僕らはその5番目にいた。しかし、パンクしてしまったおかげで4周遅れてしまうことになった。そして、マシンには大きなダメージを負うことになった」

「その後、僕らは2周を取り戻すことができた。セーフティカーのおかげもあってね。でもその後、ブレーキトラブルに見舞われた。最初にそれが起きた時、40分を失うことになった。おそらくそれで、僕らのレースが終わった。その後、再びブレーキの問題が発生し、スロットルにも不具合があったんだ」

「チームのもう1台のマシンも、トップ3を走っていたにもかかわらず、クラッチの問題が発生した。それにより、僕らは表彰台を失うことになった。でも、これもレースだ」

 アロンソはチームに問題が多発したことに驚きつつも、デイトナ24時間を楽しんだと改めて強調した。

「彼らはこのクルマで、去年もレースをしたんだ」

 そうアロンソは語った。

「彼らはこのクルマでル・マン24時間を走り、4位に入ったはずだ。だから、実績のあるクルマのはずだよね? 少なくとも新車じゃない」

「でも、ここではあちこちに問題が起きた。それは驚きだったし、少し不運だった。でももう1台のマシンの方は、表彰台の可能性があったのだから、より不運だったと言えるだろう」

「僕らだってそこにいたかもしれない。23号車はトラブルに見舞われた際、彼らの1周前を走っていたんだ。だから僕らは、その時にチャンスを失ってしまったと思う」

「でも、多くの問題があったとはいえ、ポジティブな結果だったと思う。本当に楽しかった。僕はドライブするのが好きだし、1レースで8〜9時間ドライブするっていうことは、F1で1レース走るよりよっぽど長いんだ。24時間レースというのは、本当に良い気分だよ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA
イベント名 デイトナ24時間
サーキット デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム United Autosports
記事タイプ 速報ニュース