アロンソ、今週末にデイトナ初走行「良いドライバーになるため」

フェルナンド・アロンソは、今月末のデイトナ24時間本番に向け、今週末に初めてデイトナ・インターナショナル・スピードウェイを走行する。

 今年初めてデイトナ24時間レースに挑戦するフェルナンド・アロンソは、今週末に行われる公式テストで、初めてデイトナ・インターナショナル・スピードウェイを走ることになった。

 アロンソは今年のデイトナ24時間レースに、ユナイテッド・オートスポーツの一員として参加。リジェJS P217を走らせることになっている。このデイトナ24時間のオフィシャル・テストが今週末にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われることになっており、これにアロンソも参加することになった。

「アメリカでのレースに戻ることができること、再びアメリカのファンの前でレースをできることは、本当に嬉しいことだ」

 そうアロンソは語った。

「1年も経たないうちに、僕はアメリカでの伝説的なふたつのレースで戦うことになる(編集部注:アロンソは昨年5月にインディ500に参戦している)。このことは僕にとって、とても誇らしいことだ」

「僕はずっと、他のカテゴリーのモータースポーツにも挑戦したいと思っていた。それは、もっと良いドライバーになるためだ」

「走り慣れたカテゴリーから離れて、デイトナ24時間のような象徴的なレースに参加するのは、ただ素晴らしいことだ。そしてELMSのLMP3チャンピオンであるユナイテッド・オートスポーツのようなチームで走るのを、楽しみにしている」

 すでに昨年の11月にアラゴンでリジェのマシンをテストしたアロンソ。今回は彼のキャリアで初めて、チームメイトとマシンをシェアして走る機会となる。

「11月にスペインでテストした際、誰もが僕をとても歓迎してくれたし、家族の一員になったように感じた。そしてテストでチームやチームメイトと多くの時間を過ごすことができるのを、嬉しく思っている」

 そうアロンソは付け加えた。

「マシンに飛び乗り、そして有名なオーバルコースを走るのを待ちきれない。この数カ月の間に、僕はこれまでのデイトナ24時間の何戦かを観てみた。そして実際にそこに行って、自分自身で試すことが大切だと感じた。おそらく、楽しい時間になるだろう」

 ユナイテッド・オートスポーツは、今年のデイトナ24時間に2台のマシンを走らせる予定だ。アロンソは23号車に乗り、ランド・ノリス&フィル・ハンソンとマシンをシェアすることになっている。一方32号車には、ブルーノ・セナとポール・ディ・レスタらが乗り込むことになっている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA
イベント名 デイトナ24時間
サーキット デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ
ドライバー ブルーノ セナ , フェルナンド アロンソ , Lando Norris , Paul di Resta
記事タイプ 速報ニュース