アロンソ、来年のデイトナ24時間参戦。マクラーレンCEOのチームに加入

シェア
コメント
アロンソ、来年のデイトナ24時間参戦。マクラーレンCEOのチームに加入
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2017/10/27 2:50

フェルナンド・アロンソが、来年1月に行われるデイトナ24時間にユナイテッド・オートスポーツから参戦することが決まった。

 フェルナンド・アロンソは、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権開幕戦となるデイトナ24時間に、ユナイテッド・オートスポーツの一員として参戦することになった。チームメイトは、ランド・ノリスと、フィル・ハンソンが務める。

 今年のインディ500に参戦したアロンソは、将来ル・マン24時間レースに挑戦する際の練習として、デイトナ24時間に出走することに関心を示していた。先日マクラーレンF1との契約を延長したアロンソだが、この契約の中には、ル・マン24時間レースへの参戦も許可する条項が含まれていると考えられている。

「デイトナ24時間は、アメリカで最も象徴的な耐久レースだ。そして、世界の中でも偉大なレースのひとつである」

 そうアロンソは語った。

「それは誰もが知っている」

「世界三大レースのひとつではない。でも、僕が以前から言ってきたように、僕の目標は完全なドライバーになることだ。そしてこの経験は、僕が他の耐久レースに参戦する時の準備として、役立つと思う」

「インディに出る前には、僕はオーバルコースを走ったことはなかった。でも一度経験した今は、オーバルコースがどんなモノであるか、そしてどう攻略すればいいのかがわかっている」

「アメリカに戻り、レースすることに興奮している。5月にインディ500に出走した際は、素晴らしい時間を過ごすことができた。それ以降、僕は別の伝説的なレースに参加するのを楽しみにしてきた。おそらくそれ(デイトナ24時間参戦)は、アメリカのファンが僕に与えてくれた、素晴らしい感覚を再び味わうことができるだろう」

「またこのレースは、F1のオフシーズンである1月という、とても都合の良い時期に開催される。この時期僕らは、基本的にはシーズン開幕に向け、体調を整えている時期だ」

 デイトナ24時間の開催は1月26〜27日だが、その3週間前の1月5〜7日に行われるテストで、本番でドライブするマシンをテストすることになるだろう。

 なおアロンソが加入することになったユナイテッド・オートスポーツのオーナーは、マクラーレンのCEOでもあるザク・ブラウンである。ブラウンは今回の決定について、次のように語った。

「デイトナで我々のマシンにフェルナンドを迎えるという契約を結ぶことができ、興奮している。彼はこれまでLMP2マシンをドライブしたことはないが、すぐにそれを習得すると確信している」

「彼は最高のドライバーのひとりである。だから、彼をチームに迎え入れるのは、素晴らしいことだ。スピードだけを見て言っているのではない。経験や貴重な知識を、フィルとランドにもたらすことになるだろう」

【関連ニュース】

次の IMSA ニュース
アロンソ、ル・マン制覇のため、来季デイトナ24時間参戦へ?

前の記事

アロンソ、ル・マン制覇のため、来季デイトナ24時間参戦へ?

次の記事

デイトナで学べることは限定的!? 来季参戦アロンソに、フィジケラ提言

デイトナで学べることは限定的!? 来季参戦アロンソに、フィジケラ提言
Load comments

この記事について

シリーズ IMSA
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中 , Zak Brown
チーム United Autosports
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース