【デイトナ24h】優勝のゴードン、デイトナの”レジェンド”に名を連ねる

デイトナ24時間にキャデラックで参戦したジェフ・ゴードンは優勝を果たしことで、デイトナに纏わる伝説的なドライバーたちに名を連ねた。

 4度のNASCARチャンピオンであるジェフ・ゴードンは、先週行われたデイトナ24時間レースでウェイン・テイラー・レーシングのジョーダンとリッキーのテイラー兄弟とマックス・アンジェレッリと共に10号車キャデラックをドライブし、優勝を果たした。

 2015年シーズンを最後にNASCARフル参戦を止めていた45歳のゴードンは、デイトナ24時間レースとデイトナ500(NASCAR)両方のイベントで優勝した、マリオ・アンドレッティとA.J.フォイト、ジェイミー・マクマレーというレジェンドドライバーたちに名を連ねることになった。

 これまでもゴードンは、グレートアメリカンレース(アメリカ大陸横断 3300km)で3度(1997年、1999年、2005年)優勝した経歴を持つ。

 上記の4名は、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われるレースでも優勝経験がある。ゴードンの場合、NASCAR通算93勝のうち、5勝がインディアナポリスで行われるブリックヤード400での勝利だ。

 マクマレーはチップ・ガナッシ・レーシングとともに、2010年にブリックヤード400とデイトナ500を制している。

 フォイトはインディ500で4度優勝し、デイトナ24時間で2度勝利した経験のある伝説的なドライバーだ。

  アンドレッティはホルマン・ムーディー・フォードに所属していた1967年にデイトナ500で優勝。インディ500で優勝したのは1969年のことで、当時はアンディ・グラナテッリのマシンをドライブしていた。

【関連ニュース】

【デイトナ24時間】ドライで圧倒。キャデラック1-2フィニッシュ

【IMSA】デイトナ24h予選:キャデラック2台がフロントロウ獲得

【デイトナ24時間】14号車レクサスRC Fがスタート直後にクラッシュ!

【デイトナ24H】レクサスRC F GT3を走らせた3GTチーム代表に訊く

【IMSA】デイトナ24hのトラックをジェフ・シガールが解説

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA , Monster Energy NASCAR Cup
イベント名 ロレックス・デイトナ24時間レース
サーキット デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ
ドライバー A.J. Foyt , Jamie McMurray , Jeff Gordon , Mario Andretti
記事タイプ 速報ニュース