ブルーノ・セナ、アロンソらと同じチームからデイトナ24hに参戦

ブルーノ・セナは、アロンソやディ・レスタらと同じユナイテッド・オートスポーツからデイトナ24時間に参戦する。

 今シーズン、レベリオンからWEC LMP2クラスに参戦したブルーノ・セナは、ユナイテッド・オートスポーツのリジェ-ギブソン JSP217 P2をポール・ディ・レスタらとシェアして、デイトナ24時間に参戦することを発表した。

 セナは1月27~28日に開催されるIMSAスポーツカー選手権デイトナ24時間にディ・レスタとチームのレギュラードライバーであるウィル・オーウェン、ヒューゴ・デ・サッドリーガーとともに参加する予定だ。

 なおアロンソは、ランド・ノリスとフィル・ハンソンと共にデイトナ24時間に挑むこととなる。

「ユナイテッド・オートスポーツからデイトナに挑戦することにとても興奮している」とセナは語った。

「このチームは2017年の経験や優れた技術的才能を持つ素晴らしいほどに熟練したチームであり、さらに信じられないほど強力なドライバーラインアップが揃っている。僕たちはスタートから良い戦いをしなければならないね」

 ユナイテッド・オートスポーツの代表であるリチャード・ディーンは「ブルーノはチームに素晴らしい価値をもたらしてくれることだろう。彼はプロトタイプやデイトナの経験を持っている」と語った。

「我々は2台のマシンに適切なドライバーを当てることに時間を割いた。デイトナに挑戦できるだけのスピードやスキル、経験のバランスが取れていると自負している」

 セナは今シーズンのWECでレベリオンのオレカ-ギブソン07をドライブしてきたが、以前OAKレーシングが運営するRGRスポーツチームで前の世代のリジェをドライブした経験を持っている。

 ユナイテッド・オートスポーツからデイトナ24時間に参戦するドライバーは、1月5~7日に開催される"Roar"という公式レース前テストで初めて集結する予定だ。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA
ドライバー ブルーノ セナ
チーム United Autosports
記事タイプ 速報ニュース