F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

小林可夢偉、アクション・エクスプレス・レーシングからデイトナ24時間参戦。強力布陣で3連覇を目指す

小林可夢偉は、IMSA開幕戦デイトナ24時間レースにアクション・エクスプレス・レーシングから参戦。ジミー・ジョンソンなど強力なチームメイトと共に、同レース3連勝を狙う。

小林可夢偉、アクション・エクスプレス・レーシングからデイトナ24時間参戦。強力布陣で3連覇を目指す

 アクション・エクスプレス・レーシング(AXR)はヘンドリック・モータースポーツと共同で、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の2021年開幕戦、ロレックス・デイトナ24時間レースでアリー・キャデラックDPi-V.R48号車をスポット参戦させることを発表した。

 AXRはウェーレン・エンジニアリング・レーシングの名でエントリーしている31号車との2台体制で、デイトナに挑むことになる。

 ドライバーは2019年からデイトナ24時間を2連覇中の小林可夢偉に加え、NASCARで7度王者を獲得し来季はインディカーに挑戦するジミー・ジョンソン、2016年のインディカー王者であるシモン・パジェノー、2010年にデイトナを制した経験を持つマイク・ロッケンフェラーという強力なラインアップを揃えた。

 AXRのチームマネージャーであるゲイリー・ネルソンは、それぞれのドライバーについて次のように語った。

「ジミーとは何ヵ月も前から一緒に走ろうと話していたんだ。ヘンドリック・モータースポーツと彼らの素晴らしいパートナーであるアリー(デジタル金融サービス大手企業)のサポートがあったからこそ、すべてが揃ったんだ。ジミーはデイトナで多くの経験があり、オーバルだけでなく、インフィールドでも経験を積んでいる」

「サイモンは耐久レースの経験が豊富で、カムイはマシンのセットアップに関する豊富な知識とスピードをマシンに加えてくれる。2010年にはマイクと一緒にロレックス24で優勝しているので、彼は我々のやり方をよく知っている」

 小林は、2019年と2020年はウェイン・テイラー・レーシングのキャデラックDPi-V.Rを駆ってデイトナ24時間レースを制している。今年はチームこそ違うが、同じマシンでデイトナ3連覇を目指すことになる。

 なお、ウェイン・テイラー・レーシングは2021年から、マシンをキャデラックからアキュラARX-05にスイッチしている。

「リードラップをキープして、最後の数時間で勝利を目指して戦う準備をしなければなりません」と小林は語った。

「キャデラックDPi-V.Rには自信を持っています。今年は違うチームと一緒ですが、同じ素晴らしいマシンです。ジミーはNASCARのレジェンドですし、彼とのレースを楽しみにしています。サイモンはアメリカでの経験が豊富で、インディカーでの成功に加えて耐久レースの経験もある。マイクはLMP1やDTMのような高速テクニカルカーに多くの時間を費やしてきました」

「優勝のチャンスは大きいと思います」

 2021年のIMSAは、1月22日から24日にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催される伝統的な合同テスト”ロア”で動き出し、デイトナ24時間レースの決勝は1月30日から31日にかけて行なわれる。

Read Also:

シェア
コメント
マグヌッセンのIMSA挑戦が決定。チップ・ガナッシが来季ドライバーラインアップを発表

前の記事

マグヌッセンのIMSA挑戦が決定。チップ・ガナッシが来季ドライバーラインアップを発表

次の記事

”耐久の王者”が動き出した! ポルシェ、LMDh車両の開発を発表。2023年からWEC、IMSAに参戦へ

”耐久の王者”が動き出した! ポルシェ、LMDh車両の開発を発表。2023年からWEC、IMSAに参戦へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IMSA
ドライバー 小林 可夢偉
チーム Action Express Racing