アキュラ、LMDh車両『ARX-06』正式発表。「インディカーやホンダF1での勝利のテクノロジーが盛り込まれている」

アキュラは、2023年のIMSAでデビューするLMDh車両『ARX-06』を正式発表。インディカーやF1のテクノロジーも盛り込まれていると明かした。

Acura ARX-06
Acura ARX-06
1/6

写真:: Acura

Acura ARX-06
Acura ARX-06
2/6

写真:: Acura

Acura ARX-06
Acura ARX-06
3/6

写真:: Acura

Acura ARX-06
Acura ARX-06
4/6

写真:: Acura

Acura ARX-06
Acura ARX-06
5/6

写真:: Acura

Acura ARX-06 engine
Acura ARX-06 engine
6/6

写真:: Acura

Listen to this article

 ホンダの北米高級車ブランドであるアキュラは、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(IMSA)の2023年シーズンに投入予定の新LMDh車両『ARX-06』を正式発表した。

 アキュラは、すでに7月にARX-06のシェイクダウンを済ませ、サーキットでの実走行テストを開始しているが、これまでは白黒のカモフラージュカラーリングを施されたマシンの画像が限定公開されているのみだった。

 17日(水)に白を主体としたカラーリングの全貌が初公開された他、19日(金)にカリフォルニアで開催されるモントレー・カー・ウィークで一般公開される予定となっている。

 また、ARX-06に搭載されるエンジンなどの技術詳細も明らかとなった。オレカの次世代LMP2マシンをベースとしたシャシーに搭載されるのは、ARX-06のためにデザインされた2.4リッターツインターボV6エンジン。このエンジンは、ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)内部で設計されたという。

 アキュラによると、このエンジンはホンダの耐久レース用エンジンとしては最小の排気量で、現行車両であるARX-05の3.5リッターV6エンジンを大幅に下回るが、リヤアクスル出力で500kW(約680PS)という性能目標には対応しているという。新エンジンのバンク角を90度にすることで重心を低くし、慣性モーメントを小さくしているとしている。

 ここにXtrac、ボッシュ、ウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが共同で構築した標準ハイブリッドシステムが搭載されることになる。

 マシンのエクステリアデザインは、ロサンゼルスのデザインスタジオ、HPDのエアロエンジニア、シャシービルダーのオレカが共同で完成させたという。

 また、ドライバーの意見を採り入れた設計も行なわれている。VRヘッドセットを使ったテストランを経て、空力と視認性を向上するため、サイドミラーの位置が調整されたという。

 HPDのパワートレイン設計チームを率いたピエール・デスカンプは、次のように述べた。

「IMSAとACOの新しいルールパッケージが提示した課題を受け止め、我々は非常に競争力のあるソリューションを開発した」

「ICE(エンジン)の設計において、我々はHPDにとって新しい方向性を打ち出した。 もちろん、ホンダではおなじみのV6だが、MGU(モーター)とバッテリーパックを最大限に活用するために、いくつかの新しい要素を盛り込んだ」

「新エンジンは、ルールで定められた最大回転数10000rpmまで回るので、音も素晴らしいよ!」

 デイトナ24時間レースの事前テストでARX-06がIMSAの公式セッションでデビューするまでのテストプログラムは明かされなかったが、シーズン開幕に向けて”24時間シミュレーション”を実施するとしている。

 現在もARX-05をIMSAで走らせているメイヤー・シャンク・レーシングとウェイン・テイラー・レーシングが2023年も引き続き、アキュラのマシンを走らせる予定となっている。

 この2チームが、2022年のIMSAドライバーズタイトルとチームタイトルを争っており、現行のDPi規定最後のシーズンでARX-05が有終の美を飾ることはほぼ間違いない。

 HPDの社長兼テクニカルディレクターのデイビッド・ソルターズは来年、DPi規定でライバルだったキャデラックにポルシェやBMWも加わって、バトルを繰り広げることを楽しみにしていると語った。

「我々はHPDだ。レースをし、レースを通じてエンジニアを育て、技術を開発をする。我々は、過去から現在に至るまで、レースにおけるユニークで素晴らしい歴史を持っている」

「それがアキュラの、そしてホンダの北米におけるレース組織としての我々の仕事だ」

「IMSAの最高峰であるGTPクラスで、ポルシェ、BMW、GMと競い合うことを楽しみにしている。 これは我々にとって大きなステップであることを強く認識している。学ぶべきことはたくさんあるが、だからこそのレースだ」

「新型アキュラARX-06には、インディでの勝利のための我々のテクノロジー、ホンダF1のテクノロジー、ロレックス(デイトナ)24時間での勝利のためのテクノロジーの要素が盛り込まれている」

「これは、HPDの世界トップレベルのシミュレーション技術、設計技術、開発技術、製造技術を駆使して実現したもので、我々自身のエンジニアが開発、テスト、検証を行なったものだ。 我々はそれをとても誇りに思っている。 24時間の過酷なシミュレーションや、あらゆるパフォーマンスを最大限に引き出す方法の習得など、これからが挑戦とハードワークの本番だ」

 LMDhは、IMSAとFIA世界耐久選手権(WEC)が共同で定めた車両規定であり、IMSAとWECの両シリーズに参戦が可能となっている。実際にポルシェとキャデラックは、すでに両シリーズへの参戦を発表している。ARX-06のWEC参戦は未定であり、2023年のWECおよびル・マン24時間参戦を否定するようなコメントも出ている。
 だがホンダ/アキュラの判断次第では、2024年に伝統のル・マンで、ARX-06がトヨタやフェラーリ、プジョーのLMH車両や、ポルシェなどのLMDh車両と激しく争う可能性も残されている。

 
Read Also:
シェア
コメント
真打ち登場……ポルシェ、新型『911 GT3-R』を発表。さらなる信頼性向上で耐久レースの高み目指す
前の記事

真打ち登場……ポルシェ、新型『911 GT3-R』を発表。さらなる信頼性向上で耐久レースの高み目指す

次の記事

アンドレッティ、約275億円を投じインディアナ州に巨大ファクトリー建設へ。2025年までの稼働目指す

アンドレッティ、約275億円を投じインディアナ州に巨大ファクトリー建設へ。2025年までの稼働目指す