LMDh参入のBMW、2023年からIMSAに2台体制でワークス参戦。WEC参戦やル・マン復帰には言及せず

BMWは新たにLMDh車両を開発し、2023年からIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にファクトリーチーム2台体制で参戦することを認めた。

LMDh参入のBMW、2023年からIMSAに2台体制でワークス参戦。WEC参戦やル・マン復帰には言及せず

 2023年に新設されるプロトタイプカーの新カテゴリーであるLMDhへ参加する意思を明らかにしたBMW。その主戦場は北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権となるようだ。

 BMWのLMDh参入は、BMW M GmbH代表取締役のマルクス・フラッシュが10日(木)に行なったInstagram投稿から明らかとなった。フラッシュの投稿には、BMWとウイリアムズが開発し1999年のル・マン24時間レースを制したプロトタイプカー『V12 LMR』と共に、『We are back! 2023年デイトナ』と書かれている。

 この投稿では2023年のデイトナ参戦以外の情報が判明していなかったが、BMWは11日(金)にプレスリリースを発行。LMDhのプログラムについて明らかにした。

Read Also:

 BMWは2台のワークス体制でIMSAを戦い、「デイトナやセブリング、ロードアトランタといった名だたるクラシックレースで総合優勝を競う」としている。今季限りでフォーミュラEを撤退するBMWにおいて、最も注目度の高いワークスプログラムとなるだろう。

「BMWは、モータースポーツの大舞台に戻ってきた」とフラッシュは語った。

「LMDhに参戦することで、BMW Mモータースポーツは、2023年から世界で最も象徴的な耐久レースで総合優勝を狙うための前提条件を満たすことになる。我々は、この挑戦に全力で取り組んでいく」

「BMWはプロトタイプ・レースで成功した歴史を持っている。1999年のル・マンでの勝利は忘れられないものだった。この物語を、Mパワーを搭載した最新のプロトタイプで蘇らせることは、BMW Mモータースポーツのファンを興奮させることだろう」

「LMDhのコンセプトは、最大限のコスト・コントロールを保証している。BMW M社にとって非常に重要な市場である北米のIMSAシリーズを含め、幅広い応用の可能性がある」

「我々はコンパクトで効率の高いチームで、LMDhカテゴリーに取り組むことを目指している」

 今回の発表では、LMDhがLMH(ル・マン・ハイパーカー)規定のマシンと戦えるFIA世界耐久選手権(WEC)や、ル・マン24時間レース復帰については言及されていない。

 BMWは、WECの2018-19年”スーパーシーズン”に2台のM8 GTEを投入し、LM-GTE Proクラスを戦っていたが、1シーズン限りで撤退。IMSAではGTLMクラスへの参戦を続けていたものの、今季は耐久レース4戦のみにプログラムを縮小した。

 これにより、IMSAのGTLMクラスにフル参戦しているワークスチームはコルベットのみとなってしまい、GTLMクラス廃止の大きな要因となった。IMSAでは来季から、GTLMに代わりGT3マシンが走るGTD-Proクラスが誕生する予定となっている。

 BMWモータースポーツ・ディレクターのマイク・クラックは、次のように述べている。

「我々のモータースポーツ・チーム全員が、サーキットで最強のライバルたちを相手に自分たちの力を試したい、そしてBMWの勝利を祝いたいという同じモチベーションを持っている」

「だからLMDhプロジェクトは、我々にとってまさに心から望んでいた新しい挑戦なんだ」

「非常にエキサイティングなプロジェクトが待っている。デイトナとセブリングで総合優勝を狙うことは、大きなモチベーションになる。たくさんの仕事が待っているが、期待感は計り知れない」

 LMDhプログラムのパートナーチームとドライバーラインアップは後日発表されるという。

 IMSAのジョン・ドゥーナン会長は、「すでに公開されている内容と、それによる我々のLMDhプラットフォームの検証を大いに期待している」と語った。

「今後、更なる情報や確認がなされることを心待ちにしている。LMDhとIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の未来は明るい」

Read Also:

シェア
コメント
BMWがスポーツカーレース最高峰に復帰! LMDhマシンで2023年のデイトナ24時間レース参戦
前の記事

BMWがスポーツカーレース最高峰に復帰! LMDhマシンで2023年のデイトナ24時間レース参戦

次の記事

ケビン・マグヌッセン、IMSA第4戦で“8年ぶり”勝利! 「特別な気分だ」と噛みしめる

ケビン・マグヌッセン、IMSA第4戦で“8年ぶり”勝利! 「特別な気分だ」と噛みしめる
コメントを読み込む