2023年に向けLMDh車両を開発中のBMW、ダラーラをシャシーパートナーに決定

BMWは、2023年からのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権参戦に向けて、必要となるLMDh車両の開発をダラーラと共に行なうことを明らかにした。

2023年に向けLMDh車両を開発中のBMW、ダラーラをシャシーパートナーに決定

 2023年から、LMDh車両でIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦するBMWは、ダラーラと共同でマシンの開発を行なうと明らかにした。

 今年6月に、新たにLMDh車両を開発して2023年からIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にファクトリーチーム2台体制で参戦することを発表したBMW。LMDh車両は、次世代LMP2マシンをベースに作られるが、LMP2シャシーを製造するライセンスを持つコンストラクター4社のうち、ダラーラをパートナーに選んだ形だ。

Read Also:

 ダラーラにとっては、キャデラックに次いでふたつ目のLMDhプロジェクトとなる。キャデラックは現在、ダラーラのLMP2マシンをベースとしたキャデラック・DPi-V.RでIMSAのDPiクラスに参戦中。先月、その関係をLMDh車両が導入されるIMSAの新時代にも継続することを発表した。

 BMWモータースポーツ社を前身に持つBMW M GmbHの代表取締役であるマルクス・フラッシュは、次のように述べている。

「モータースポーツにおける我々の情熱、プロフェッショナリズム、そして大きな野心を共有し、我々と同じように、2023年からのBMW Mモータースポーツの歴史に新たなサクセス・ストーリーを書き記すという目標に全面的に取り組んでくれる、ダラーラというLMDhプロジェクトのパートナーを見つけられたことを嬉しく思う」

「シャシー・パートナーとして考えられるすべての企業と話し合った結果、ダラーラがその専門知識と経験を活かして、BMW M Motorsportとの共同作業に熱心に取り組んでくれたことが、我々の決断の決定的な要因となった。 我々の間には、最初から相性の良さがあった」

 ダラーラの創業者でありプレジデントのジャンパオロ・ダラーラは、「BMW Mモータースポーツに選ばれたことを光栄に思うと同時に、この新しい冒険を始めることに大きな熱意を持っている」と語った。

「1977年、私はBMW M1のデザインをする機会を得た。それは素晴らしい経験であり、多くのことを学ぶことができた。LMDhでも同じような冒険を繰り返したいと思っている」

 今回の発表では、使用されるエンジンの構成など、BMWのLMDh車両の技術的な詳細は明らかにされなかった。テストは2022年に開始されると声明には記されたが、より具体的な説明もなかった。

 また、LMDh車両はFIA世界耐久選手権(WEC)およびル・マン24時間レースにもエントリーが可能だが、BMWはこれまで、あくまでIMSAシリーズに焦点を当てていることを強調している。

Read Also:

シェア
コメント
LMDh参入のキャデラック、ル・マン24時間復帰にパートナーチームも期待。AXR「新しい挑戦になる」
前の記事

LMDh参入のキャデラック、ル・マン24時間復帰にパートナーチームも期待。AXR「新しい挑戦になる」

次の記事

開発中のポルシェLMDh車両、2021年中にシェイクダウン実施へ「日程はタイトだが順調」

開発中のポルシェLMDh車両、2021年中にシェイクダウン実施へ「日程はタイトだが順調」
コメントを読み込む