ニック・キャシディ、デイトナ24時間にレクサスRC Fで参戦決定

シェア
コメント
ニック・キャシディ、デイトナ24時間にレクサスRC Fで参戦決定
執筆:
2019/01/04 8:54

スーパーGTやスーパーフォーミュラで活躍中のニック・キャシディがレクサスRC F GT3を駆り、デイトナ24時間レースに参戦することが明らかになった。

 2017年のスーパーGT(GT500クラス)チャンピオンであるニック・キャシディは、AIM ヴァッサー・サリバンからロレックス デイトナ24時間レースに参戦することが明らかになった。

 AIM ヴァッサー・サリバンは今年新しく参戦するチームで、2台のレクサス RC F GT3で戦う予定だ。そのうち14号車には、キャシディとアメリカ出身のオースティン・シンドリックを抜擢。すでにレギュラー起用が発表されていたリチャード・ヘイサンド、ジャック・ホークワースとともに24時間レースに臨む。なおキャシディとシンドリックはデイトナ24時間のみのエントリーとなるようで、次戦以降を担当するドライバーは、まだ明らかにされていない。

 AIM ヴァッサー・サリバンのもう1台、12号車はタウンゼント・ベル、フランキー・モンテカルボに加え、ジェフ・シーガルと、アーロン・テリッツの4名体制で参戦する予定だ。こちらもシーガルはデイトナ24時間のみの参戦となるようだ。

 現在は日本を中心にレース活動を行なっているキャシディだが、デイトナ24時間レースには初の挑戦。どんな走りを見せるのか楽しみなところだ。

 注目のロレックス デイトナ24時間レースは現地時間の1月26日にスタートが切られる。

次の記事
これが鬼才の仕事。エイドリアン・ニューウェイ作のベスト10マシン

前の記事

これが鬼才の仕事。エイドリアン・ニューウェイ作のベスト10マシン

次の記事

デイトナ24時間挑戦のアロンソ&可夢偉、チームに溶け込む

デイトナ24時間挑戦のアロンソ&可夢偉、チームに溶け込む
Load comments