【IMSA】アキュラ、2018年デビューのARX-05 DPiを正式発表

アキュラは、2018年のIMSAウェザーテックスポーツカー選手権に参戦する、ARX-05 DPiを正式発表した。

 ホンダの北米高級車ブランドであるアキュラは、2018年のIMSAウェザーテックスポーツカー選手権に参戦するプロトタイプマシン、ARX-05 DPiを正式発表した。

 アキュラは、今月初めにポールリカールで行われた新マシンのシェイクダウンの様子をティザー動画で公開していた。

 金曜日、オレカ 07 LMP2マシンをベースに開発された新マシンが発表された。ARX-05 DPiは、来シーズンからキャデラックや日産、マツダを相手にDPiクラスで戦う。

 さらにチーム・ペンスキーとパートナーシップを結び、ファン・パブロ・モントーヤとデイン・キャメロンがドライバーに起用されることがすでに発表されている。

 ARX-05 DPiのデビュー戦は来年1月のデイトナ24時間となる予定で、すでにGTDクラスに参戦しているNSX GT3と共に走ることになる。

 アキュラのモータースポーツ活動を統括する、ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)代表のアート・セントシアーは次のように語った。

「我々は、アキュラ インテグラ タイプRやRSX、初代NSX、ル・マン プロトタイプなどで勝利を飾ってきた。直近では、新しいアキュラNSX GT3で優勝を収めた」

「ARX-05は第5世代プロトタイプマシンであり、チーム・ペンスキーとのパートナーシップを組んだことで、素晴らしい結果を期待している」

 アキュラとペンスキーは、モントーヤとキャメロンの起用は発表したものの、2台目のマシンのドライバーラインアップは未発表だ。

 現在、ペンスキーでインディカーを戦っているエリオ・カストロネベスも、このプロジェクトに参加することが噂されている。

【関連ニュース】

【フォトギャラリー】アキュラARX-05 DPi、正式発表

モントーヤ、アキュラARX-05 DPiで来季デイトナ24時間参戦

新アキュラ・デイトナプロトタイプのティザー動画が公開

マツダ、名門ヨーストと提携。IMSA来シーズンへ向けテスト開始

悔しがるカストロネベス「インディ500でまた2位なんてうんざり」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA
チーム Team Penske
記事タイプ 速報ニュース