【IMSA】モントーヤ、アキュラARX-05 DPiで来季デイトナ24時間参戦

チーム・ペンスキーはアキュラARX-05 DPiを2018年IMSAに投入し、モントーヤとキャメロンを起用することを発表した。

 チーム・ペンスキーは、アキュラARX-05 DPiを2018年IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップに投入し、ファン・パブロ・モントーヤとデイン・キャメロンを起用することを発表した。

 インディ500とロレックス・デイトナ24時間レースの勝者であるモントーヤは昨年末をもってインディカーフル参戦を終了し、今季はインディ500などにスポット参戦している。

 またプロ・マツダ(インディ・ライツの下位カテゴリー)優勝経験を持つキャメロンは、2014年シーズンにIMSAのGTデイトナクラスで優勝した後、昨年からアクション・エキスプレス・レーシングに加入し、現在もIMSAに参戦中だ。

 チーム・ペンスキーのチームオーナーであるロジャー・ペンスキーは次のように語った。

「アキュラ・モータースポーツやホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)と協力し、ドライバーを集めた。今後我々はプログラムの開発を支援し、レースに参戦しながら、彼らのブランドのアンバサダーとして働きかけることになると想定している」

「今回プログラムに参加することとなったファンとデインは、プロトタイプレースでの豊富な経験を持ち、トップカテゴリーで優勝経験を持つドライバーだ。ふたりを擁したこのプログラムは、2018年より本格的に始動する」

 アキュラARX-05 DPiの公式発表は今週金曜日に行われ、デビュー戦となるのは2018年1月に行われるロレックス・デイトナ24時間レースである。

 先月来季インディカー用の新マシンをテストしたモントーヤは、来週新しいアキュラプロトタイプもテストする予定だ。

「これまでの4年間、ロジャーやチーム・ペンスキーとの仕事を楽しんだ」とモントーヤ。

「ロジャーがアキュラの新しいスポーツカープログラムに取り組まないかと誘ってくれた時、僕はふたつ返事で受け入れた。僕はスポーツカーが大好きなんだ」

「新たな試みであるのは間違いないし、アキュラとともに新しいクルマを開発するのはとても面白いと思う。来週ARX-05 DPiをテストするのが楽しみだ。チーム・ペンスキーはスポーツカー分野で新たなスタートを切ることになるだろうし、それに関われるのが最高だね」

 モントーヤの同僚となるキャメロンは次のように述べた。

「チーム・ペンスキーでレースするチャンスを得られたのは、夢のような出来事だ。アキュラ・モータースポーツのARX-05開発プログラムにかける努力とリソースには感心させられる」

「またチームの一員になったことで、ファンのような素晴らしい経験を持ったドライバーとともに仕事をするチャンスを得ることができた。チーム・ペンスキーのドライバーになれたということはとても素晴らしい経験になると思う」

「忙しいオフシーズンの後、デイトナで力強いスタートを切りたいね」

 【関連ニュース】

新アキュラ・デイトナプロトタイプのティザー動画が公開

モントーヤ、2017年もチーム・ペンスキーに残留へ

モントーヤがレース・オブ・チャンピオンズ個人戦優勝

モントーヤとセルビア、インディカー新エアロキットに好印象

インディカー18年仕様新型エアロキット、インディアナポリスで公開

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA
ドライバー Dane Cameron , ファン・パブロ モントーヤ
チーム Team Penske
記事タイプ 速報ニュース