F1
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
06 8月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
16 7月
イベントは終了しました
08 8月
次のセッションまで……
3 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

IMSA、再開初戦で5000人のファンに入場許可。“アフターコロナ”最大規模に?

シェア
コメント
IMSA、再開初戦で5000人のファンに入場許可。“アフターコロナ”最大規模に?
執筆:
2020/06/17 3:14

新型コロナウイルスの影響によって中断されてきたモータースポーツイベントは徐々に再開に向かっているが、アメリカのIMSAはデイトナで再開予定のレースに、地元住人など5000人の観客の入場を許可する予定のようだ。

 2020年のモータースポーツイベントは新型コロナウイルスの流行によって、長らく中断されてきた。しかし5月以降徐々に再開に向けた機運が高まり、アメリカのNASCARシリーズが再開の先鞭をつけた。

 F1やMotoGPといった国際的なモータースポーツに関しても7月から順次再開が予定されており、各カテゴリーが新型コロナウイルス対策を行ないつつ、シリーズを再開させるために努力を重ねている。ただしこれらのレース再開は感染拡大を防ぐために無観客イベントとするモノが大半であり、トラックには最小限のスタッフが参加することになる。

 例外として、NASCARは6月14日にホームステッド=マイアミ・スピードウェイで行なわれたレースに観客の限定入場を許可。軍のメンバーや救急隊といった新型コロナウイルスへの初期対応に当たった1000名を招待した。

 そして同じくアメリカのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権は、シーズン再開初戦となる7月4日のデイトナ戦に5000人のファンの入場を許可する見込みであることが明らかとなった。

 条件として、全ての出席者はサーキットの所在地でもあるフロリダ州在住であること、そしてフェイスマスク着用の上でソーシャルディスタンスの遵守が求められる。また施設に入場する前にス検査を受ける予定だ。

 デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ(DIS)社長のチップ・ワイルは、レースにファンを入場させることについて、次のようにコメントしている。

「我々は熱心なレースファンをDISとデイトナのビーチエリアに迎えることを長期間待ってきた。トラックのスタッフ、IMSAそして政府や保健当局、(トラックの所有者である)NASCARも、我々の歴史的なコースに組織的にファンを呼び戻すために多くの作業と、広範な計画立案を行なってきた」

「我々は参加する全てのファンの安全と、IMSAウェザーテック240をデイトナで楽しめることを保証する」

 IMSAの2020年シーズンは開幕戦デイトナ24時間レースを最後に、ウイルスの影響によって中断。ロングビーチ戦が中止となり、今後は全11戦のシーズンとなることが予定されている。

 

Read Also:

ポルシェ、2020年限りでIMSA撤退。タンディ「キャリア最悪の出来事」

前の記事

ポルシェ、2020年限りでIMSA撤退。タンディ「キャリア最悪の出来事」

次の記事

元F1ドライバーのナッセが新型コロナウイルスに感染。NASCARのジミー・ジョンソンも

元F1ドライバーのナッセが新型コロナウイルスに感染。NASCARのジミー・ジョンソンも
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IMSA
執筆者 Gary Watkins