現代F1に似ている? ポルシェLMDhの”育ての親”ナッセ「ハイブリッドシステム搭載によってF1時代を思い出した」

ザウバーからF1に参戦した経歴を持つフェリペ・ナッセは、2023年からWECとIMSAに登場するLMDhマシンは、ハイブリッド化された現代の「F1マシンを思い出させる」と語っている。

#7 Porsche Penske Motorsport, Porsche 963, GTP: Mathieu Jaminet, Michael Christensen, Nick Tandy

 元F1ドライバーのフェリペ・ナッセは、2023年からFIA世界耐久選手権(WEC)とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(IMSA)の最高峰クラスに投入されるLMDhマシンはV6ハイブリッドエンジン搭載のF1マシンを思わせるモノだと語っている。

 2015年〜2016年にザウバーからF1へ参戦していたナッセは、F1デビュー戦で5位入賞という最高位を記録し、F1シート喪失後はスポーツカーレースへ転向。2018年と2021年にはアクション・エクスプレス・レーシングのキャデラックでIMSAプロトタイプクラスのタイトルを獲得した。

 2021年末にはポルシェとワークス契約を交わし、2022年シーズンはデイトナ24時間レースにパフ・モータースポーツから『911 GT3R』で参戦し、GTD Proクラスで優勝。2023年からの投入に向けてポルシェが開発してきたLMDhマシン『963』のテストドライバーをプロジェクト当初から務めてきた。

 ナッセはポルシェの本拠地があるドイツ・バイザッハでのデビュー以降、アメリカとヨーロッパのサーキットで数千kmに渡り走り込んできた。

「ハイブリッドシステムが加わったことで、F1時代を思い出した。ステアリング上には、僕らドライバーが見て、やらなきゃいけないことが沢山あるんだ」

 そうナッセは言う。

「マシンと共にレースをするのが待ちきれないよ。マシンがワイドかつ長くなって、僕としてはめちゃくちゃイカした見た目だと思う!」

#7 Porsche Penske Motorsport, Porsche 963, GTP: Felipe Nasr

#7 Porsche Penske Motorsport, Porsche 963, GTP: Felipe Nasr

Photo by: Porsche

「初日からプロジェクトに参加し、コースに出る前から963が誕生する場に立ち会えたのは、他では得られない感覚だ。最初から関われていたのは、とてもクールな経験だったよ」

 2023年はマット・キャンベルと共にIMSAで7号車を走らせるナッセ。LMDhマシンが共通ハイブリッドシステムを搭載することで、これまでのDPiマシンとはドライビングの面で変化が生まれたと感じたようだ。

「ハイブリッドシステムが搭載されることで、DPiとはフィーリングが違ってくる。ドライビングスタイルや新しいタイヤなど、違いは確かにある」とナッセは言う。

「ブレーキペダルを踏むと、機械式ブレーキだけじゃなくて、組み合わされたハイブリッドシステムの電動モーターもマシンを減速させるんだ」

「ブレーキを踏むとすぐに止まるというのは変わらないけど、ペダルから伝わってくる感覚が違うんだ。僕ら全員に学ぶ時間が必要だけど、楽しめている。マシンの見た目も良いし、走りも良いよ」

#963 Porsche Penske Motorsport, Porsche 963, GTP: Dane Cameron, Felipe Nasr, Matt Campbell

#963 Porsche Penske Motorsport, Porsche 963, GTP: Dane Cameron, Felipe Nasr, Matt Campbell

Photo by: Porsche

 ハイブリッドシステムの搭載により、LMDhマシンではブレーキングで電力を回生。レースでは、その生み出されたエネルギーを使用することで1スティント辺りの周回数が増え、タイヤと燃料の管理がより重要になる。ここにはバッテリーと電動モーター搭載による重量の増加も関係してくるとナッセは指摘する。

「DPiマシンよりもパワーはある。唯一の欠点は重量だ。コーナースピードではそれを感じるし、タイヤにかかる負荷も以前よりずっと大きくなっている」

「スティントは長くなって、僕らの乗る時間は増えると思う。だからDPiの時みたいに、30~40分間アクセル全開ということはないだろうね。今は50~60分間、マシンやタイヤ、燃料をコントロールしなきゃいけないんだ。その分、ドライバーの体力的には楽になると思う」

「IMSAでのレースは、これまでのキャリアで最も楽しいレースのひとつだ。チャレンジングだしハードで、良いドライバーやチームが沢山ある。あらゆる自動車メーカーが参加していて、スポーツカーレースにおける黄金期が訪れようとしている。僕も本当に楽しみだよ」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 デイトナ24時間初参加を予定していたウィル・パワー、妻の入院と手術に伴い欠場を決断「僕は彼女のそばにいる必要がある」
次の記事 ケビン・マグヌッセン、左手首の手術は成功。デイトナ24時間レースは出場を断念

Top Comments

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本