アロンソ、可夢偉、コンウェイ、セブリングではWECに専念

シェア
コメント
アロンソ、可夢偉、コンウェイ、セブリングではWECに専念
執筆:
2019/01/08 6:09

TOYOTA GAZOO Racingは、小林可夢偉、フェルナンド・アロンソ、マイク・コンウェイの3人のドライバーが、3月のIMSA第2戦セブリング12時間に出走しないことを明らかにした。

 今月行われるデイトナ24時間レースには、フェルナンド・アロンソと小林可夢偉がウェイン・テイラー・レーシングから、またマイク・コンウェイはアクション・エクスプレス・レーシングから、それぞれ参戦することになっている。しかし彼ら3人をWEC(世界耐久選手権)で起用するTOYOTA GAZOO Racingは、3月のセブリング12時間レースに、当該の3人が参戦できないことを認めた。

 セブリング12時間レースは、3月16日(土)に決勝レースが行われ、フリー走行と予選は3月13日〜15日の日程で行われることになっている。WECのセブリング1000マイルレースも同じコースだが、決勝レースは3月15日(金)に行われ、3月13日〜14日にかけてフリー走行と予選が行われる。

 オリビエ・プラとハリー・ティンクネルは、IMSAではマツダを走らせ、WECではフォードGTを走らせるというダブルエントリーをすることが期待されている。しかしトヨタは、アロンソ、小林、コンウェイは、IMSAのレースに挑むことを許さない方針を固めているようだ。

「我々のドライバーは全員、契約に従い、セブリングではWECのレースに専念するだろうことを確認することができる」

 トヨタの広報担当者は、そうmotorsport.comに対して語った。

 これにより、ウェイン・テイラー・レーシングとアクション・エクスプレス・レーシングは、セブリング12時間を戦う際のサードドライバーを探さねばならないことになる。

 ウェイン・テイラー・レーシングは、デイトナでアロンソと小林を起用するため、インディカーのエースドライバーであるライアン・ハンター-レイとの契約を解除した。しかしチームとハンター-レイは依然良好な関係を続けており、しかもセブリング12時間が行われる週末には、インディカーのレースは予定されていない。

 また、アクション・エクスプレス・レーシングのクリスチャン・フィッティパルディは、デイトナ24時間を最後に引退する予定だった。しかしコンウェイの後任を務めることで、引退を1戦延期することになるかもしれない。

次の記事
デイトナ24時間挑戦のアロンソ&可夢偉、チームに溶け込む

前の記事

デイトナ24時間挑戦のアロンソ&可夢偉、チームに溶け込む

次の記事

鉄人ザナルディ、憧れのデイトナ挑戦に手応え。義足なしのドライバー交代も問題なし

鉄人ザナルディ、憧れのデイトナ挑戦に手応え。義足なしのドライバー交代も問題なし
Load comments