予選レポート
IMSA Roar Before The 24

LMDh最初の予選は、アキュラ対ポルシェ! 僅差でアキュラ60号車に軍配上がる|IMSAデイトナ24時間

IMSA開幕戦のデイトナ24時間レースの予選が行なわれ、メイヤー・シャンク・レーシングのアキュラARX-06がポールポジションを獲得した。

Pole sitter #60 Meyer Shank Racing w/ Curb Agajanian Acura ARX-06: Tom Blomqvist

 2023年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権開幕戦、デイトナ24時間レースの予選が行なわれ、メイヤー・シャンク・レーシングの60号車アキュラARX-06(トム・ブロンクビスト/コリン・ブラウン/エリオ・カストロネベス/シモン・パジェノー)が最速タイムを記録した。

 LMDh規定車両のデビュー戦となるデイトナ24時間。決勝レースを翌週に控え、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイでは開幕前公式テストの『ロア・ビフォア・ザ・ロレックス』が行なわれ、その最終日に決勝スターティンググリッドを決する予選が実施された。

 現地時間13時25分から予選が行なわれ、クラス別に走行。LMDhマシンがエントリーするGTPクラスは20分間のセッションとなった。

 ポールポジションを獲得した60号車は、ブロンクビストがアタックを担当。セッション終盤に1分34秒031を叩き出した。

 同じタイミングでフェリペ・ナッセがアタックしたポルシェ・ペンスキー・モータースポーツの7号車ポルシェ963は、わずか0.083秒差で敗れ2番手となった。

 3番手となったのは、ウェイン・テイラー・レーシング・ウィズ・アンドレッティ・オートスポートの10号車アキュラARX-06。セッション残り7分のところまで最速タイムをマークしていた。

 しかし、6号車ポルシェのニック・タンディがバックストレートのシケインでクラッシュしたことにより、赤旗掲示。セッション再開後に60号車と7号車がタイムアップした形だ。

 赤旗の原因となった6号車がクラッシュしたポイントでは、激しい追い風が吹いていたようだ。6号車はタイム抹消を受けたことで、最後方からのスタートになると思われる。

 キャデラックV-LMDhの最上位は、チップ・ガナッシ・レーシングの1号車で4番手。セバスチャン・ブルデーのアタックで、チームメイトの2号車、アクション・エクスプレス・レーシングの31号車キャデラックを上回った。

 苦しい予選となったのはBMW勢で、2台が7~8番手に並んだ。アキュラとポルシェが好パフォーマンスを見せた形だが、トップ8の差は0.815秒と大きくはない。決勝レースでは、その速さと共に、耐久性が試されることになる。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 共通LMDh&GT3で新時代迎える耐久レース。IMSAとWECは高まる”期待”に応えられるか? ドライバーが課題を示唆
次の記事 ポール目前でクラッシュ……ポルシェのタンディ、デイトナ24時間レース予選でマシン破損も「あまり大きなダメージはない」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本