F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

デイトナ24時間:アロンソ、雨中の激走でトップ。天候悪化で赤旗中断

シェア
コメント
デイトナ24時間:アロンソ、雨中の激走でトップ。天候悪化で赤旗中断
執筆:
2019/01/27 12:45

デイトナ24時間レースは、フェルナンド・アロンソが素晴らしい走りを見せた10号車がトップ。レース残り7時間のところで、赤旗中断となっている。

 第57回デイトナ24時間レースは、残り時間10時間のところから雨が降り始め、7時間を残して赤旗中断となっている。

 レース前半はマツダ チーム・ヨーストとアキュラ勢が激戦を繰り広げた今回のデイトナ。マツダ勢が相次いで脱落した後は、キャデラック勢が次第に速さを増していった。

 レース折り返しを前に出動した7回目のセーフティカー明けから、ウェイン・テイラー・レーシングの10号車コニカミノルタ・キャデラックDPi-V.R、アキュラ・チーム・ペンスキー勢、ウェーレン・エンジニアリングの31号車キャデラックは引き続き僅差のバトルを展開した。

 レース開始から13時間30分が経過したところで、マツダ チーム・ヨーストの55号車マツダRT24-Pが足回りにダメージを抱えたようで単独スピン。これが原因でセーフティカーが出動した。

 リスタート後はピット作業で2番手までポジションアップした31号車のフェリペ・ナッセが一気にペースアップ。10号車のジョーダン・テイラーを交わして総合トップに躍り出た。

 残り時間が10時間に迫ろうかという頃、予報通り雨が落ち始める。約15分後には土砂降りとなった雨に、たまらずすべてのマシンがウエットタイヤに交換した。
 
 ここで、いち早くスリックタイヤからウエットタイヤにスイッチしていた31号車が後続に1分30秒以上のギャップを築く。一方、10号車に乗り込んだフェルナンド・アロンソが、レインコンディションで驚くべき速さを披露。アキュラ勢を続けざまに攻略すると、デブリ処理のためにセーフティカーが出動した。
 
 これでトップの31号車との差がなくなると、アロンソはリスタート後にたやすくトップに浮上。1周につき3秒近く速いペースで後続をぐんぐん引き離し、その差を1分近くまで広げた。

 しかしGTLMクラスのコルベット4号車が雨に足を掬われ、タイヤバリアに高速クラッシュ。レース続行には危険なコンディションだと判断されたのか、出動したセーフティカーの走行はそのまま1時間20分ほど続いた。

 結局、空も白んできた残り時間7時間10分余りというタイミングで赤旗掲示。レースが中断されている。トップは10号車、アキュラの6号車、7号車が続き、31号車までがリードラップとなっている。

 LMP2クラスはドラゴンスピードがワンツー体制をキープしているが、18号車オレカはコースオフなどがあり、81号車オレカがトップとなった。

 GTLMクラスの首位はリシ・コンペティツィオーネの62号車フェラーリ488 GT3。GTDクラスではメルセデスAMG・チーム・ライリー・モータースポーツの33号車メルセデスAMG GT3がトップだ。

次の記事
ジャービス、まさかのトラブルに落胆「準備は完璧だったのに……」

前の記事

ジャービス、まさかのトラブルに落胆「準備は完璧だったのに……」

次の記事

アロンソ&可夢偉参加のキャデラック10号車デイトナ制覇。悪天候で赤旗終了

アロンソ&可夢偉参加のキャデラック10号車デイトナ制覇。悪天候で赤旗終了
コメントを読み込む