トップイベント

デイトナ24時間:ウェイン・テイラー・レーシング3連覇! 小林可夢偉組は4.7秒差2位

2021年のデイトナ24時間レースが行なわれ、アキュラARX-05を走らせたウェイン・テイラー・レーシングが優勝を果たした。

シェア
コメント
デイトナ24時間:ウェイン・テイラー・レーシング3連覇! 小林可夢偉組は4.7秒差2位

 2021年のデイトナ24時間レースがデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行なわれ、フェリペ・アルバカーキ、リッキー・テイラー、アレクサンダー・ロッシ、エリオ・カストロネベス組のウェイン・テイラー・レーシングが総合9勝を手にした。同チームはこれで、直近5年間で4勝を挙げたということになる。

 昨年まではキャデラックDPi-V.Rを走らせていたウェイン・テイラー・レーシングだが、今季からはアキュラARX-05を採用。最終的には後続を4.7秒抑えてのトップチェッカーを受けた。

 この2位に入ったのは、小林可夢偉やシモン・パジェノーがドライブした、アクション・エクスプレス・レーシングのキャデラック。残り4分というところで55号車マツダを抜いたが、首位までは届かなかった。また3位の55号車マツダは一時は3周遅れとなっていたものの、奇跡の復活劇を見せての表彰台フィニッシュだった。

 一方でチップ・ガナッシ・レーシングは、首位を狙って走行していたものの、残り6分というところでレンジャー・ヴァン・デル・ザンデがドライブ中に右リヤタイヤがパンク。結局5位に終わっている。

 LMP2クラスは、オレカLMP2 07を走らせたエラ・モータースポーツが優勝。GE LMクラスはコルベット・レーシングが1-2フィニッシュを達成した。

【リザルト】2021年デイトナ24時間レース最終結果

Read Also:

クビサ、GT3化のDTM残留は否定。将来的に耐久レースフル参戦を目指す

前の記事

クビサ、GT3化のDTM残留は否定。将来的に耐久レースフル参戦を目指す

次の記事

デイトナ24時間GTLM勝者ガルシア、レース中に新型コロナ陽性が発覚。大半をドライブせず

デイトナ24時間GTLM勝者ガルシア、レース中に新型コロナ陽性が発覚。大半をドライブせず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IMSA
イベント Daytona 24
執筆者 David Malsher