F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
28 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
44 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
58 days

デイトナ連覇のWTR、来年のル・マン24時間挑戦に弾み?

シェア
コメント
デイトナ連覇のWTR、来年のル・マン24時間挑戦に弾み?
執筆:
2020/01/27 0:52

デイトナ24時間を制した10号車ウェイン・テイラー・レーシングのオーナーであるウェイン・テイラーは、将来的にル・マン24時間レースに挑むに値することを証明できたと語る。

 2020年のデイトナ24時間レースを制したのは、10号車ウェイン・テイラー・レーシングだった。同車はレース中、ピットレーンの赤信号無視による60秒のストップ&ゴーペナルティやパワーステアリングの問題で遅れを取ったにも関わらず、レース終盤に首位を奪取。そのままトップチェッカーを受けた。

 ウェイン・テイラー・レーシングは、これでデイトナ24時間レース連覇である。

「本当に印象的だった」

 チームオーナーのウェイン・テイラーは、マツダ・チーム・ヨーストやチーム・ペンスキーのアキュラなどとの戦いを制したチームの成果について、そう語った。

「それが意味すること、それはキャデラックが我々に多額の投資をした……つまり我々がファクトリー・チームだと言うべきだということだ」

 IMSAとACO(フランス西部自動車協会:WEC主催者)は先週末、IMSAとWECに共通のプロトタイプカテゴリーを設け、両シリーズ間の交流を促すことを明らかにした。つまり、デイトナ24時間を制したマシンが、同年のル・マン24時間に参戦することも可能になるわけだ。

 今回勝利したことにより、チームにはル・マンに挑戦するだけの価値はあるものの、現状のままでは勝利を目指すことはできないとテイラーは語る。
 
「IMSAとACO(フランス西部自動車協会:ル・マン24時間レースの主催者)の新たな議論があった。ただ、このチームと一緒にル・マンに行き、勝つというようなことは考えられない」

「IMSAがACOと協力すると発表された時、我々は皆興奮していた。ル・マンは常に究極の存在だ。今回のことにより、スポンサーがみつかることを望んでいる。スポンサーは、誰もが必要としているモノだ。しかし今回勝ったことで、パートナーやメーカーと話をする力を、もう少し得ることができたはずだ」

「こういった長距離のレースで安定して勝てるということを示すこと、それは企業パートナーよりも、メーカーにとっての”希望”だと思う」

 テイラーは今回の結果をもたらした4人のドライバーを賞賛した。

「誰もが知っているように、デイトナ24時間は、勝つのが難しいイベントだ」

「今年はより困難だった。台数が少なく、イエローコーションも少ないと分かっていたからね」

「ある時点では、2番手のマシン以外の全車を周回遅れにした。そしてイエローコーションが出ると、レース全体の流れが変わってしまう。我々のドライバーは言葉では言い表せない……彼らはスーパースターだ。自惚れることもない」

「私にとっては、チームオーナーとして3回目のデイトナ勝利だ。スコット・ディクソンのような人物と仕事をすること……彼のことはもちろん知っているが、内気でなかなか話ができなかった。小林可夢偉やライアン・ブリスコーの素晴らしさも、言葉では言い尽くせないよ」

 ライバルたちについて、テイラーは次のように語った。

「マツダが最大のライバルになると思っていた。彼らが舞台裏で何をやっているのか、どこでテストをしているのか分からなかった。そして、彼らは本当に脅威になった」

「アキュラについては不思議だった。なぜ彼らがああいう結果になったのかは分からない。キャデラックやダラーラのことは信頼していた。我々は長いこと共に働いてきたからね。そのことは助けになったんだ」

Read Also:

次の記事
WECとIMSAの団結で”夢の扉”が開かれた……ペンスキー、ル・マン復帰も?

前の記事

WECとIMSAの団結で”夢の扉”が開かれた……ペンスキー、ル・マン復帰も?

次の記事

LMDhクラスの導入は、WECとIMSA”ルール共通化”への第一歩に

LMDhクラスの導入は、WECとIMSA”ルール共通化”への第一歩に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , IMSA
執筆者 Charles Bradley