F1
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
52 days

小林可夢偉、デイトナ連覇に大きく貢献。”奇妙な”セットアップ変更が実を結ぶ

シェア
コメント
小林可夢偉、デイトナ連覇に大きく貢献。”奇妙な”セットアップ変更が実を結ぶ
執筆:
2020/01/29 10:34

デイトナ24時間レースを連覇したウェイン・テイラー・レーシング。ドライバーのひとりである小林可夢偉が、レースペースの向上に大きく貢献していたようだ。

 2020年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の開幕戦、デイトナ24時間レースは、ウェイン・テイラー・レーシングの10号車キャデラック(ライアン・ブリスコー/レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ/スコット・ディクソン/小林可夢偉)が勝利した。チームとヴァン・デル・ザンデ、小林はデイトナ24時間を連覇した形だ。

 予選では、マツダの77号車がポールポジションを獲得。10号車は0.731秒遅れの5番手と振るわなかった。

 しかし決勝では、10号車が優れたレースペースを発揮。途中、ピット出口の赤信号無視により60秒のストップ&ゴーペナルティが科され周回遅れになるも、イエローコーションにも助けられ最終的には後続に1分以上のリードを築いて10号車がトップチェッカーを受けた。

 スタートから17時間を過ぎたところでレースファステストラップを記録したヴァン・デル・ザンデは、予選後に行なわれたセットアップ変更のおかげで、”これまでデイトナを走った中で最高のマシン”に仕上がったと話した。そしてそれには、小林も大きく貢献しているという。

 10号車の速さの”鍵”はなんだったのかと訊かれ、ヴァン・デル・ザンデは「正直なところ、事前の準備が全てだと思う」と答えた。

「4人のドライバーとエンジニア全員が、予選では機能していなかったマシンを、レースで機能するようにするアイテムを探していた」

「カムイはトラクションコントロールのセットアップに、いくつか”奇妙”な変更を加えた。でもそれが本当に助けになったんだ。僕たちはそれを笑っていたけど、マシンがあれほど自然で、速く感じることはあまりない」

「僕が4スティント連続で走っていた時にとても楽しかったから、もう1スティント走らせてくれと頼んだんだ。そしてチームはそれを許してくれた」

 小林は、デイトナ24時間レースの前に行なわれた合同テスト、”ロア”で失われたペースを取り戻すべく、10号車のセットアップ作業に取り組むのは楽しかったと話した。

「昨年、ロアテストでは少しおしゃべりをしただけでした。シートを作りにロアに行ったので時間があまりなかったですが、今回はもっと時間がありました」

「そして今年、僕たちは一緒にマシンを作っていきました。レース週末に良いものを見つけ、カムバックすることができました」

「チームとドライバー全員にとって嬉しいことです。この勝利はお互いに助け合ったおかげで得られました。本当に、チームを家族のように感じたんです」

Read Also:

次の記事
デイトナ24時間:小林可夢偉が連覇! WTRのキャデラックが優勝

前の記事

デイトナ24時間:小林可夢偉が連覇! WTRのキャデラックが優勝

次の記事

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IMSA
イベント Daytona 24
ドライバー 小林 可夢偉
チーム ウェイン・テイラー・レーシング
執筆者 Jamie Klein