【インディカーテスト】佐藤琢磨が夕刻のテストセッションで3番手

シェア
コメント
【インディカーテスト】佐藤琢磨が夕刻のテストセッションで3番手
David Malsher
執筆: David Malsher
2017/02/11 10:24

アンドレッティに移籍した佐藤琢磨は、フェニックスでのテスト初日、夕刻のセッションで3番手に入り、好スタートを切った。

Marco Andretti, Andretti Autosport Honda
Takuma Sato, Andretti Autosport Honda
Alexander Rossi, Herta - Andretti Autosport Honda
Josef Newgarden, Team Penske Chevrolet
Ed Carpenter, Ed Carpenter Racing Chevrolet
Alexander Rossi, Herta - Andretti Autosport Honda

 インディカーのシーズン前テストがフェニックス・インターナショナル・レースウェイで開幕。昼間のセッションはペンスキーのジョセフ・ニューガーデンがトップに立ったが、夕方のセッションではアンドレッティ勢が速さを見せた。

 夕刻のセッションは、レースが行われるコンディションに最も近いコンディションである。そんな中速さを見せたのがホンダ勢、特にアンドレッティ・オートスポーツの面々だった。

 首位に立ったのはアンドレッティ・オートスポーツのマルコ・アンドレッティで、レイホール・レターマン・ラニガンを0.5mph上回る189.122mphの周回平均速度を記録し、トップに立った。アンドレッティは昼間のセッションも6番手と上位につけている。

 アンドレッティ・オートスポーツに移籍してきた佐藤琢磨は、最初から好調。昼間のセッションを7番手で終えると、夕方のセッションは3番手と共に上位につけた。佐藤琢磨の背後の4番手にはスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が入り、セバスチャン・ブルデー(デイル・コイン)が5番手、チャーリー・キンボール(チップ・ガナッシ)が6番手となった。

 なお昼間のセッションでは、エド・カーペンター(エド・カーペンター・レーシング)が2番手、ペンスキーのウィル・パワーが3番手だった。

【関連ニュース】

佐藤琢磨「新HPDエンジンの性能は上がっている」

佐藤琢磨トークイベント開催。「来年は本当に良いレースができそう!」

アンドレッティ、佐藤琢磨の加入を発表。琢磨「共に働くのを待ちきれない」

【インディカー】プッシュトゥパス回数制限撤廃、使用時間制限のみに

【インディカー】セブン-イレブン、カナーンのスポンサーに復帰

次の IndyCar ニュース
【インディカー】2017年のエアロキットは、当初の合意通り開発凍結

前の記事

【インディカー】2017年のエアロキットは、当初の合意通り開発凍結

次の記事

【インディカーテスト】琢磨クラッシュも5番手。ハンターレイトップ

【インディカーテスト】琢磨クラッシュも5番手。ハンターレイトップ
Load comments

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー マルコ アンドレッティ
チーム アンドレッティ
執筆者 David Malsher
記事タイプ テストレポート