インディカー第15戦ワトキンスグレン予選:ディクソンがPP。琢磨はクラッシュで最後尾グリッド

シェア
コメント
インディカー第15戦ワトキンスグレン予選:ディクソンがPP。琢磨はクラッシュで最後尾グリッド
David Malsher
執筆: David Malsher
2016/09/04 8:31

インディカー第15戦ワトキンスグレンの予選が行われ、スコット・ディクソンがポールポジションを獲得した。

Scott Dixon, Chip Ganassi Racing Chevrolet
Will Power, Team Penske Chevrolet
Graham Rahal, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda
Helio Castroneves, Team Penske Chevrolet
Max Chilton, Chip Ganassi Racing Chevrolet
Mikhail Aleshin, Schmidt Peterson Motorsports Honda
R.C. Enerson, Dale Coyne Racing Honda
Takuma Sato, A.J. Foyt Enterprises Honda
Takuma Sato, A.J. Foyt Enterprises Honda
Takuma Sato, A.J. Foyt Enterprises Honda
Takuma Sato, A.J. Foyt Enterprises Honda
Takuma Sato, A.J. Foyt Enterprises Honda

 チップ・ガナッシのスコット・ディクソンは、インディカー第15戦ワトキンスグレンの予選で、1分22秒529を記録してポールポジションを獲得した。このタイムは、2009年に記録されたこれまでのレコードタイムを、5秒以上更新するものだった。また、ディクソンにとってはこれが今季2回目のポールポジション。自身通算25回目のポールポジション獲得となった。

 これに肉薄したのは、ペンスキーのウィル・パワー。パワーはディクソンに0.0483秒と僅差に迫るタイムで駆け抜け、2番グリッドを確保している。実はパワーは、予選Q2で7位に終わっており、本来ならばファスト6に進出できないはずだった。しかし、Q2で6位になったミカエル・アレシン(シュミット・ピーターソン)が、ファン-パブロ・モントーヤ(ペンスキー)の進路を妨害したとしてタイム抹消の処分を受けたため、繰り上がりでパワーがファスト6に進出。そのセッションで速さを取り戻し、予選2番手となったのだ。

 3番手にはKVSHのセバスチャン・ブルデー、4番手にはエリオ・カストロネベス(ペンスキー)、5番手にはトニー・カナーン(チップ・ガナッシ)、6番手にはマックス・チルトン(チップ・ガナッシ)が入った。チルトンにとっては、インディカーのキャリアでの予選最高成績である。

 ポイントリーダーのシモン・パジェノーは7番グリッドからレースをスタートさせる。

 佐藤琢磨は予選Q1のアタック中にクラッシュし、赤旗の原因となった。そのため、最後尾グリッドからレースをスタートすることになった。

 佐藤琢磨はチームのリリースで、次のようにコメントを寄せている。

「僕たちにとってはとても残念なセッションとなりました。今日のプラクティスを終えたところで、僕たちはいくつかの作業を行い、マシンはよくなりましたが、少し扱いにくいところがありました。また、HANSデバイスが正しい位置にないという問題もあったため、ピットストップを行わなければならず、難しい状況に置かれました。そしてホットラップでは、純粋に僕はターン7でコントロールを失いました。いいマシンを作り上げてくれたメカニックたちには申し訳ない気持ちでいっぱいです。明日のレースでいいパフォーマンスが発揮できることを期待しています」

インディカー第15戦ワトキンスグレン予選結果

 DriverTeam (Engine)Time
1 9  Scott Dixon   Ganassi (C) 1:22.5259
2 12  Will Power   Penske (C) 1:22.5742
3 11  Sébastien Bourdais   KVSH (C) 1:22.7844
4 3  Helio Castroneves   Penske (C) 1:22.8748
5 10  Tony Kanaan   Ganassi (C) 1:22.9158
6 8  Max Chilton   Ganassi (C) 1:23.0064
7 22  Simon Pagenaud   Penske (C) 1:23.4660
8 2  Juan Pablo Montoya   Penske (C) 1:23.5493
9 41  Jack Hawksworth   Foyt (H) 1:23.6392
10 7  Mikhail Aleshin   Schmidt (H) 1:23.7744
11 19  R.C. Enerson   Coyne (H) 1:23.9907
12 21  Josef Newgarden   Carpenter (C) 1:24.0983
13 5  James Hinchcliffe   Schmidt (H) 1:23.7342
14 98  Alexander Rossi   Andretti-Herta (H) 1:24.0908
15 15  Graham Rahal   Rahal (H) 1:24.1716
16 18  Conor Daly   Coyne (H) 1:24.2606
17 28  Ryan Hunter-Reay   Andretti (H) 1:24.5254
18 83  Charlie Kimball   Ganassi (C) 1:24.8928
19 20  Spencer Pigot   Carpenter (C) 1:25.1826
20 26  Carlos Muñoz   Andretti (H) 1:25.5560
21 27  Marco Andretti   Andretti (H) 1:26.4285
22 14  Takuma Sato   Foyt (H) 2:12.3265

(C) = Chevrolet ; (H) = Honda

次の IndyCar ニュース
ファイアストン600:ヒンチクリフ、ドームスキッドの磨耗でペナルティ

前の記事

ファイアストン600:ヒンチクリフ、ドームスキッドの磨耗でペナルティ

次の記事

インディカー第15戦ワトキンスグレン決勝:ディクソン圧勝。最後は手に汗握る燃費勝負

インディカー第15戦ワトキンスグレン決勝:ディクソン圧勝。最後は手に汗握る燃費勝負
Load comments