【インディカー】セブン-イレブン、カナーンのスポンサーに復帰

シェア
コメント
【インディカー】セブン-イレブン、カナーンのスポンサーに復帰
David Malsher
執筆: David Malsher
2017/02/01 8:53

チップ・ガナッシ・レーシングは、インディ500などの4レースでセブン-イレブンがトニー・カナーンのサブスポンサーを務めることを発表した。

Victory lane: race winner Tony Kanaan, Andretti Autosport
Tony Kanaan, Chip Ganassi Racing Chevrolet
Tony Kanaan, Chip Ganassi Racing Chevrolet
Tony Kanaan, Chip Ganassi Racing Chevrolet

 アメリカのテキサス州に本社を構える米国セブン-イレブン社は、今季の4レースでトニー・カナーンのマシンのサブスポンサーを務めることを明らかにした。

 同社は2003年にマイケル・アンドレッティとカナーンが所属していたアンドレッティ・グリーン・レーシングのスポンサーに就任。アンドレッティとセブン-イレブンの関係は以後8年間続き、その間カナーンは14勝を挙げ、2668周をリードした。また、2004年に彼は他を寄せ付けない走りでタイトルを獲得している。

 2015年からカナーンのメインスポンサーを務めているNTTデータが、今年もその役割を継続することはすでに発表されている。しかし開幕戦セントピーターズバーグ、ロングビーチ、インディ500、テキサスの計4戦は、セブン-イレブンがサブスポンサーを務めることになる。

 セブン-イレブンのCEOであり、最高経営責任者のジョゼフ・デピントは、以下のように話した。

「トニーは、インディカーにとっても、そしてセブン-イレブンにとっても、自身が熱心なブランドアンバサダーであるということを示してきた。彼や彼のショーカーが現れると、大勢の顧客がそれを一目見ようと集まってきた。トニーはその場でサインにも応じ、数時間にわたって顧客と話をしてくれる。彼は自分のやってきたことにおいて、常に成功を収めてきた人物だ」

 1998年のインディカー分裂時代にCARTにステップアップしたカナーンは、2001年のポートランドから現在まで265戦連続でレースに出走をしている。これは、インディカーの歴史の中でも歴代1位の記録だ。

 そのカナーンは、こう話した。

「セブン-イレブンのファミリーに戻ることができて、信じられない気持ちだ。セブン-イレブンは僕のインディカーのキャリアにおいて家族のような存在だ。カートから数えて20年目のシーズンを彼らと一緒に祝うことができるのは特別なことだ」

「また彼らと共にレースで勝利することを楽しみにしている。チップ・ガナッシ・レーシングでまた彼らと組むことができるんだから、当然興奮している」

 またチップ・ガナッシ・レーシングの代表であるスティーブ・ローレッタは、次のように語った。

「今シーズンに向けて、セブン-イレブンを我々の仲間に迎えることができて、本当に興奮している。20年目のシーズンを迎えるトニーにとって、これは非常に重要な出来事だろう。セブン-イレブンと共に(彼の20年目のシーズンを)祝福できるのは素晴らしいことだ」

【関連ニュース】

チップ・ガナッシ、カナーンとNTTデータの契約更新を発表

カナーン「アンドレッティとガナッシの競争が、ホンダを進歩させていく」

佐藤琢磨、アンドレッティと2017年の契約締結へ

佐藤琢磨トークイベント開催。「来年は本当に良いレースができそう!」

【インディカー】佐藤琢磨「新HPDエンジンの性能は上がっている」

次の IndyCar ニュース
【インディカー】パワー「2017年のペンスキーはトップ4独占も可能」

前の記事

【インディカー】パワー「2017年のペンスキーはトップ4独占も可能」

次の記事

【インディカー】ブルデー「新人の加入は有益ではないが敵視はしない」

【インディカー】ブルデー「新人の加入は有益ではないが敵視はしない」
Load comments

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー トニー カナーン
チーム Chip Ganassi Racing
執筆者 David Malsher
記事タイプ 速報ニュース