【インディカー】第9戦速報:佐藤琢磨首位争いも残り5周でクラッシュ

インディカー第9戦テキサスラウンドが行われ、首位争いをしていた佐藤琢磨残り5周という時点でクラッシュを喫した。

 インディカー第9戦レインガード・ウォーターシールズ600がテキサス・モータースピードウェイで行われ、佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)は残り5周というところで2番手のスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)に仕掛けた際、イン側の芝生にタイヤを落としてしまいスピン。ディクソンなど数台を巻き込む形でクラッシュしてしまった。

 佐藤琢磨はピットレーンでのクラッシュに巻き込まれてしまい、一時周回遅れとなるものの、戦略が功を奏し同一周回に復帰。多重クラッシュが発生するなど同一周回での完走マシンがわずか10台となるサバイバルレースを生き残り、終盤には優勝争いに加わっていた。しかし残り4周でクラッシュ。10位完走扱いとなった。

 優勝はウィル・パワー(ペンスキー)。2位はトニー・カナーン(チップ・ガナッシ)が入った。

 詳細は追ってお届けする。

インディカーシリーズ第9戦テキサス決勝結果

【関連ニュース】

テキサス予選:佐藤琢磨「マシンは傑出した速さだ」

6月14日、東京・青山で佐藤琢磨凱旋帰国イベント開催

マクラーレン”インディへのフル参戦”は数年後

ハミルトンの”インディ軽視”発言に反論相次ぐ

歴史的快挙。佐藤琢磨のインディ500優勝を関係者が祝福

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 テキサス
サーキット テキサス・モーター・スピードウェイ
ドライバー 佐藤 琢磨
記事タイプ 速報ニュース