インディカー デトロイト・レース2:パワーが久々の勝利。琢磨トップ10フィニッシュ

インディカーデトロイト戦のレース2が行われ、ウィル・パワーが昨年のインディGP以来久々の勝利を飾った。

 ポールポジションからスタートするのは、シモン・パジェノー(ペンスキー)。2番手ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ)。上位勢は無難なスタートを決めるが、後方では多重クラッシュが発生。これは、チャーリー・キンボール(チップ・ガナッシ)の動きに端を発するもので、佐藤琢磨(A.J.フォイト)もこれに巻き込まれ、フロントウイングを交換している。マックス・チルトン(チップ・ガナッシ)とジェームス・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン)はこれでストップしている。

 5周目からレース再開。佐藤琢磨はしっかり同一周回で戻り、15番手までポジションを回復している。

 レース再開後はパジェノーが快調に逃げる展開。ハンター-レイに対して1.5秒近い差をつけて逃げていく。

 佐藤琢磨は10周を走りきったところでピットインし、ブラックタイヤを装着する。翌11周終了時点で、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・ハータ)もピットイン。フロントウイングも交換する。

 レース1で勝利を収めたセバスチャン・ブルデー(KVSH)も、12周終了時点でピットイン。グラハム・レイホールもこれに続いている。

 先頭グループは、軒並みレッドタイヤを装着しているが、10周を超えた頃からデグラデーションが顕著になってくる。これで、ブラックタイヤを履いているファン-パブロ・モントーヤ(ペンスキー)がウィル・パワー(ペンスキー)を交わし、ミカエル・アレシン(シュミット・ピーターソン)も攻略する。モントーヤはこれで6番手。彼はブラックタイヤを履いているマシンのうち最上位であり、その効果を活かしてどんどん上位に迫っていく。ただ、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)をなかなか抜くことがきず、このポジションのままレースが進んでいく。

 しかし23周目に両者が接触。モントーヤはフロントウイングを壊し、ディクソンはリヤにダメージだ。これでふたりはピットに入り、大きく順位を落とす。ただ、このピットインは、燃費から考えてもまずまずのタイミングで、トップのパジェノー始め、上位勢も翌24周目から続々とピットインしていく。

 ひと通りピットインが完了した時点で、トップはパジェノー。早めのタイミングでピットインしていたトニー・カナーン(チップ・ガナッシ)とブルデーが2番手と3番手につけ、エリオ・カストロネベス(ペンスキー)がハンター-レイを交わして4番手に上がっている。佐藤琢磨は12番手である。

 カナーンとブルデーは、パジェノーに徐々に迫っていき、33周目にはその差がほとんどなくなっていく。パジェノーは完全な燃費走行か? 琢磨は31周目終了時点でピットインすると、多くのマシンも続々とピットに入っていく。

 しかし34周目にモントーヤが単独でクラッシュ。右側のウォールに左リヤを激しく打ち付けてしまっている。これでフルコースイエローとなり、隊列が縮まる。カナーン、マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ)、ロッシらがここでピットに入る。

 40周目からレースは再開。カストロネベスがパジェノーに並びかけるが、パジェノーはなんとかこれを抑える。41周目、再びカストロネベスが並びかけ、今度はオーバーテイクに成功。これでカストロネベスがトップに。パジェノーのペースは上がらず、カストロネベスがどんどん差を広げつつ逃げていく。

 ただ、ふたりのラップタイムは徐々に逆転。パジェノーは徐々にカストロネベスに近づいてくる。そして49周を走りきったところでパジェノーがピットイン。ハンター-レイも入ったが、カストロネベスはステイアウトする。

 しかしその直後、ジャック・ホークスワース(A.J.フォイト)がコース上にストップ。ピットインをしていないドライバーにとっては、最悪の展開である。特にカストロネベスはもう燃料がほとんどないはずで、ピットが開くタイミングまで燃料が持つのかすら、心配されるところだ。佐藤琢磨はこの直前にピットインしており、彼にとっては最高のタイミングのコーションだったと言えよう。

 ピットレーンがオープンになると、すぐさまカストロネベスがピットイン。しかし、一気に15番手まで順位を下げてしまう。ブルデーやキンボールら先頭の4台はコースに留まる戦略。リスタート後飛ばしに飛ばし、後続との差を開いてからピットインするつもりなのだろう。

 53周目からレース再開。グリーンフラッグ直後、パワーがパジェノーを交わし、最後のピットインを終えたマシンの中でトップに立つ。佐藤琢磨はカナーンに抜かれてしまい12番手だ。

 先頭のブルデーは、力のかぎり飛ばして逃げ、後続との差をできる限り広げる。ブルデーのペースは圧倒的で、ただひとり1分14秒台だ。そして59周を走り終えた時点でピットイン。タイヤを交換せず、給油のみを行って、佐藤琢磨の直前の10番手でコースに復帰する。イエローコーション前に前方を走っていたカストロネベスが14番手にいることを考えれば、この戦略は成功だったと言っていいだろう。

 これで先頭はパワー。パジェノーを1.5秒離し、ひとり旅の状態である。パジェノーとハンター-レイも自己ベストを記録してパワーを追うが、なかなか差が詰まっていかない。

 最終ラップ、パジェノーが一気に1秒以下まで差を詰めるが届かず、パワーがトップチェッカー。パジェノーが2位、3位ハンター-レイの順でフィニッシュしている。最終ピットを引っ張る作戦に出たブルデーは8位。佐藤琢磨は10位でのフィニッシュとなった。

 パワーは昨年のインディGP以来の、実に久々の勝利。レース2もレース1に引き続き、戦略がモノを言う結果だった。ホンの少し展開が違っていれば、カストロネベスなどその他のドライバーに勝機が舞い込むという結果になった可能性もあるだろう。

インディカーシリーズ2016 - デトロイト - Race 2

P.DriverTeam (Engine)Time
1 AustralieWill Power http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Power_s.png Penske (C) 1:42:22.2672
2 FranceSimon Pagenaud http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Pagenaud_s.png Penske (C) +0.9203
3 États-UnisRyan Hunter-Reay http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Hunter-Reay_s.png Andretti (H) +1.4711
4 États-UnisJosef Newgarden http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Newgarden_s.png Carpenter (C) +2.4602
5 Nouvelle-ZélandeScott Dixon http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Dixon_s.png Ganassi (C) +3.1575
6 États-UnisConor Daly http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Daly_s.png Coyne (H) +7.1263
7 BrésilTony Kanaan http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Kanaan_s.png Ganassi (C) +11.3012
8 FranceSébastien Bourdais http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Bourdais_s.png KVSH (C) +12.9361
9 États-UnisMarco Andretti http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Andretti_s.png Andretti (H) +26.4201
10 JaponTakuma Sato http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Sato_s.png Foyt (H) +27.7105
11 États-UnisGraham Rahal http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Rahal_s.png Rahal (H) +28.0410
12 États-UnisAlexander Rossi http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Rossi_s.png Andretti-Herta (H) +28.5507
13 ColombieGabby Chaves http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Chaves_s.png Coyne (H) +29.2530
14 BrésilHelio Castroneves http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Castroneves_s.png Penske (C) +29.6631
15 ColombieCarlos Muñoz http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Munoz_s.png Andretti (H) +30.4879
16 États-UnisCharlie Kimball http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Kimball_s.png Ganassi (C) +30.6922
17 RussieMikhail Aleshin http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Aleshin_s.png Schmidt (H) +1:10.5229
18 États-UnisSpencer Pigot http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Pigot_s.png Carpenter (C) +3 laps
19 Royaume-UniJack Hawksworth http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Hawksworth_s.png Foyt (H) +22 laps
20 ColombieJuan Pablo Montoya http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Montoya_s.png Penske (C) +37 laps
21 CanadaJames Hinchcliffe http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Hinchcliffe_s.png Schmidt (H) +70 laps
22 Royaume-UniMax Chilton http://www.toilef1.com/site/image/indycar/2016/07-Detroit/Chilton_s.png Ganassi (C) +70 laps

(C) = Chevrolet, (H) = Honda

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 デトロイト
サブイベント Sunday race
サーキット ベル・アイル・パーク
ドライバー 佐藤 琢磨 , ウィル パワー
記事タイプ レースレポート