【インディカー】ファイアストン、タイヤ供給契約を複数年延長

ブリヂストンの北米子会社であるファイアストンは、インディカーの公式タイヤサプライヤーとして、複数年の契約延長を発表した。

 ブリヂストンの北米におけるタイヤ製造・卸売事業子会社であるファイアストンは、ベライゾン・インディカー・シリーズとの契約を複数年延長し、インディカーの公式タイヤサプライヤーを継続する。

 ファイアストンは、1911年に行われた最初のインディ500優勝者であるレイ・ハルーン(マーモン)を始め、昨年の優勝者であるアレキサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)など、計65人の優勝者が使用したタイヤのメーカーだ。

 1988年にブリヂストンに買収された同社は1995年、20年ぶりにインディカーに戻り、2000年からはインディカーにタイヤを供給している唯一のメーカーとなった。

 インディカーの競技委員長を務めるジェイ・フライは、今回の契約延長について次のように語った。

「ファイアストンはインディカーの一部といっても過言ではなく、性能や革新性、安全性を向上に対する彼らの取り組みは驚きに値する」

「ファイアストンブランドは100年以上にわたってこのスポーツの一部を担い、コース内外で不可欠なパートナーであり続けている」

 ブリヂストン・アメリカズのモータースポーツディレクターであるリサ・ボッグズは次のように述べている。

「ファイアストンブランドは、1世紀以上にわたってタイヤの信頼性を示す理想的なステージとして、レースを活用している。ベライゾン・インディカー・シリーズが提供するユニークで多面的なプラットフォームを介してファンと交流することができるため、当社のマーケティングにとって必要不可欠だ」

 インディカーとファイアストンは、プラクティスで各車の走行を増やすために、各レースへのタイヤ供給数を増やすことを決定した。

 それに加え、ロード/ストリートコースでのイベントでは金曜日のプラクティスで(ソフト側の)レッドタイヤ1セットが全チームに供給されることになっている。

【関連ニュース】

【インディカー】A.J.フォイト、ホンダから12年ぶりにシボレーへ

【F1】ビルヌーブ「エクレストンがインディ分裂を手助けした」

【インディカー】王者パジェノー「ペンスキーはフェラーリみたいだ」

【インディカー】佐藤琢磨「新HPDエンジンの性能は上がっている」

佐藤琢磨トークイベント開催。「来年は本当に良いレースができそう!」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
記事タイプ 速報ニュース